伊然可汗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊然可汗(いねんかがん、拼音:Yīránkĕhàn、? -734年)は、東突厥第二可汗国期の可汗毘伽可汗の長子。姓は阿史那氏、名は不明。伊然可汗とは可汗号で、イネル・カガン(Inäl Qaγan)を漢字表記したもの[1]

生涯[編集]

開元22年(734年)、毘伽可汗は大臣の梅録啜(ブイルク・チュル)に毒殺されたので、国人は毘伽可汗の子を立てて伊然可汗(イネル・カガン)とした。玄宗宗正卿李佺を弔問に赴かせるとともに、伊然可汗を冊立して碑廟を立てさせ、史官で起居舎人李融にその碑文を書かせた[2]

しかし、伊然可汗がまもなく病死したので、国人はその弟を立てて登利可汗(テングリ・カガン)とした。

[編集]

  • 余塞匐

脚注[編集]

  1. ^ 『騎馬民族史2』p136,184
  2. ^ いわゆる『ビルゲ・カガン碑文』のこと。

参考資料[編集]