比金桃子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
比金 桃子
Momoko Higane
トヨタ車体クインシーズ  No.4
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-03-03) 1993年3月3日(25歳)
出身地 東京都品川区
ラテン文字 Momoko Higane
身長 166cm
体重 64kg
血液型 B型
選手情報
所属 トヨタ車体クインシーズ
愛称 モモ
ポジション S
指高 210cm
スパイク 270cm
テンプレートを表示

比金 桃子(ひがね ももこ、女性、1993年3月3日 - )は、日本バレーボール選手。ニックネームはモモ。ポジションはセッターV.LEAGUE Division1のトヨタ車体クインシーズに所属している[1]

来歴[編集]

東京都品川区出身。3月3日(桃の節句)に誕生したことから桃子と命名された[2]。実父は高校までバレーボール選手であり、その影響か小学4年次からバレーボールを始めた。最初はスパイカーであったがセッターに転向した。都内バレーボール強豪中学である品川区立大崎中学校に進み、全国大会にも出場した[3]。この試合を観戦していた東九州龍谷高等学校監督の相原昇は比金のハンドリングのよさと巧みなトスさばきに惚れ込み、同校に勧誘した[3]

こうして東九州龍谷高等学校に進学。同級生に村田しおり筒井さやからがいる。高校時代は春高バレー、インターハイなどで全国制覇を果たした[4]。卒業後は青山学院大学へ進学し、同学のバレーボール部で活躍し、関東大学バレーボール女子1部リーグ戦で3連覇、3年次に全日本インカレで準優勝を果たした[5]。4年次には主将を務めた。2014年7月の東アジア地区選手権で金メダルを獲得した。

2014年10月、Vプレミアリーグトヨタ車体クインシーズの内定選手となり、2015年2月の対岡山シーガルズ戦でVリーグデビューをした。2015年5月の第64回黒鷲旗大会で準優勝に貢献し、自身も若鷲賞を受賞した[6][7]

私生活[編集]

三人姉妹の長女。次女のみなみは桃子と同じく東九州龍谷高校から青山学院大学に進み久光製薬スプリングスに入団したセッター。三女も同じく東九州龍谷高校でセッターを務めた[3]

受賞歴[編集]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[8]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2014/15 トヨタ車体 3 2 1 1 100.0% % 0 0.00 3 0 0.00% 8.3% 0 0.0% 1 内定選手
2015/16 21 7 0 0 0.0% % 0 0.00 3 0 0.00% 0.0% 0 0.0% 0
2016/17 21 78 25 10 40.0% % 2 0.03 298 1 % 6.6% 3 0.0% 13
2017/18 21 78 10 3 30.0% % 7 0.09 297 2 % 8.0% 4 37.5% 12
2018/19 % % % % %

脚注[編集]

  1. ^ トヨタ車体クインシーズ. “メンバー紹介 - 04 比金桃子”. 2018年8月18日閲覧。
  2. ^ 「月刊バレーボール」2018年2月号 74ページ
  3. ^ a b c 「月刊バレーボール」2018年2月号 75ページ
  4. ^ [1]
  5. ^ [2]
  6. ^ [3]
  7. ^ [4]
  8. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]