相原昇 (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
相原 昇
Noboru Aihara
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1968-07-02) 1968年7月2日(50歳)
出身地 日本の旗 東京都品川区
ラテン文字 Noboru Aihara
選手情報
所属 東九州龍谷高等学校
役職 監督
テンプレートを表示

相原 昇(あいはら のぼる、1968年7月2日 - )は日本バレーボール指導者である[1][2]。2016年現在、東九州龍谷高等学校教頭[3][4][5]、同校女子バレーボール部監督[1][3][5]。現役時代のポジションはウィングスパイカー/セッター

来歴[編集]

現役引退まで[編集]

東京都品川区出身。寿司屋を営む両親のもとで次男として生まれた。昇が小学5年の時に両親が離婚し、女手一つで育てられた[2]品川区立荏原第二中学校に進学し、バレー部に入部する。監督の菊池実に師事し、菊池が目黒区立第四中学校に転勤する際には、相原も転校して、菊池の指導を受けた。相原は全日本中学選抜メンバーに選出されると、中学選抜メンバーで台湾遠征した試合ではベストスパイカーに選出されている[要出典]。バレーボール強豪校である東洋高等学校時代に進学すると、チーム主将でエース兼セッターとして、第16回全国高等学校バレーボール選抜優勝大会などで活躍した[2]

大学は日本体育大学に進学し[1]、最高学年の4年生のときに初レギュラーを獲得し、春秋の関東大学1部リーグではレシーブ賞を獲得した[1][6][7]

4年生最後と大会となる全日本バレーボール大学男女選手権大会が近づいた1990年10月にバレーボール部の中田茂部長が急逝[1][8]したが、準決勝戦でフルセットの末に法政大学に勝利して決勝進出を決め[9]東海大学との決勝戦は3-1で勝利するとともに、自らもレシーブ賞を獲得した[9]。なお、同大会女子大会においても日体大が優勝し、アベック優勝を果たしている[8]。卒業後は指導者としての活動を選び、1993年に開催される東四国国体の開催県である香川県[10]が、バレーボール競技成人6人制種目では香川教員クラブを強化チームに指定し[11]、教員選手の強化、補強に力を注いでいることから。香川県に教員採用されて香川教員クラブ所属となった。当時の同クラブは相原と麓哲哉(元神戸製鋼排球団所属[12]、後に香川県立高松工芸高等学校バレーボール部監督[13])を核とするチームで、1993年の国体本大会6人制成人男子種目では香川県勢では史上初となる3位入賞を果たした[14]。また全日本6人制バレーボールクラブカップ選手権大会においては、1992年に準優勝、1994年優勝を果たして[14]チームは解散し、相原も現役にピリオドを打った。

指導者として[編集]

高松北高等学校時代[編集]

1995年春に香川県立高松北高等学校に着任する[15]。1995年夏の高校総体香川県予選は選手高生が全てを1年生のチームながら優勝し、本大会出場を果たした[2][16]。翌1996年の春高バレーでも初出場を果たした[17]。同年夏の高校総体ではベスト8[18]、1997年の高校総体でベスト4を果たした[19][20]

相原は個人的な借入金でバレーボール部の寮を建設して選手に合宿生活をさせ[2]、2003年の春高バレーでは、筒井視穂子らを擁してベスト4[21]などの戦績を残し、一躍全国強豪校の仲間入りを果たしたが、県教育委員会から、県立校における部活動で寮生活をすることが問題され、高松北高校体育コースまでが廃止されてしまった[2]。翌年の2004年の春高バレーでは初戦敗退となり、高松北高校時代の終焉を迎えた[22]

東九州龍谷高等学校時代[編集]

2004年春、東九州龍谷高等学校に転任した相原は大木正彦の後任としてバレーボール部コーチに就任した。2005年の春高バレーではベスト4入りを果たし[23]、2006年春から正式に監督に就任した[24]。2009年の皇后杯ではVプレミアリーグの2チームに競り勝ち準決勝に進出したが、準決勝の久光製薬戦で敗れた[25]。2012年の春高バレー(全国高等学校バレーボール選抜優勝大会全日本バレーボール高等学校選手権大会)を五連覇を果たした[26]

エピソード[編集]

  • 2006年3月15日、東龍の女子選手Aは練習中に倒れ、17日朝に天国へと旅立った。死因は劇症型ウィルス性心筋炎であった。相原は「こんなに辛いことは初めて」と嘆いた。春高バレー直前であったが、選手たちは練習に実の入らない時が続く。Aの両親は「Aのために頑張って欲しい」と選手たちを励ました。春高バレーが開幕すると、チームは一戦一戦調子をあげていく。相原も「Aに金メダルを持って帰るぞ」と選手たちを励まし続けた。Aの遺影がベンチに陣取るなか、1987年に大木正彦が優勝(当時は扇城高等学校)に導いて以来、19年ぶり2度目の春高バレー優勝を果たした[27][28]
  • 2007年5月、隣県のある中学教員から「山川町(現みやま市)にすごい選手がいる」と連絡が入る。すぐに視察に赴いた相原は「これまで日本にはいないタイプのサウスポーで、すごい可能性を秘めている」と感じた。すぐに自校への入学を勧めた。同年に選手の実父は急逝したが、その亡くなる前日に相原は病床を見舞い、「必ず全日本のエースになるよう育てる」と約束した[29]。選手は2007年の第6回ユースアジア選手権でMVP及びベストスパイカーを獲得[30]するなど相原の指導のもとに順調に育ち、日本のトップチームである久光製薬スプリングスに入団、リオデジャネイロオリンピックでは日本選手最高得点をマークして[31]押しも押されもせぬ日本人エースとなった。その選手こそ長岡望悠、その人である[32]

家族[編集]

両親の離婚で生き別れとなった兄・健志は、監督(外部指導員)として2003年に東京都立雪谷高等学校第85回全国高等学校野球選手権大会に導き[2][33]、2016年4月から日本体育大学荏原高等学校野球部監督に就任している[34]

妻は同い年生まれ。卓球の名門専修大学を卒業した元プロ卓球選手で、現在は高松市で卓球教室を主宰している[2]。一人娘は青森山田中学高等学校から関東の大学に進んだ学生卓球選手である[2]

指導法[編集]

  • 相原の指導方法についていくつか紹介しておく[2]
    (1) 練習試合を行うのはVプレミアのチームに合宿にいった時だけで、他校との練習試合は行わない。専ら校内での紅白戦のみであり、レギュラーと準レギュラーが分け隔てなく練習が行える[35]。2007年の主力メンバーはユース世界選手権に参加しており控えメンバーで高校総体を戦ったが、準々決勝で優勝した九州文化学園高等学校相手にフルセットの大接戦を演じ、控え選手のレベルの高さを見せつけた。
    (2) 筋力トレーニングは行わない。筋力トレーニングは後年でもできるが、身体の使い方など高校時代にしか習得できないことを優先している。
    (3) 練習時間が短い。毎日授業終了後から午後6時くらいまで練習にあて、その後は身体のケアや睡眠時間を多くとることを選手たちに指導している。
    相原が一番強化してきたのは「人間力」だという。切羽詰まった時に逃げ出さず、立ち向かう力が人間力で、これが強いものが勝利できるという信念である[36]

選手時代の所属チーム[編集]

受賞歴[編集]

指導者としての戦績[編集]

高松北高等学校時代[編集]

春高バレー(選抜優勝大会 高校総体 国体
1995 - グループ戦敗退[16] [37](2回戦敗退)[38]
1996 1回戦敗退[17] ベスト8[18] [39](7位)[40]
1997 2回戦敗退[41] ベスト4[19] 7位[42]
1998 ベスト8[43] ベスト8[44] 7位[45]
1999 2回戦敗退[46] 1回戦敗退[47] [48](1回戦敗退)[49]
2000 2回戦敗退[50] 3回戦敗退[51] 不出場
2001 ベスト8[52] 3回戦敗退[53] 7位[54]
2002 2回戦敗退[55] 2回戦敗退[56] 不出場
2003 ベスト4[21][57] 2回戦敗退[58] 7位[59]
2004 1回戦敗退[22]

「国体」列の※印は香川選抜チームが出場しており相原は指揮をとっていない[37][39][48]。()内の記録は参考として掲載した。印なしは高松北高等学校単独チームとして出場[60]

東九州龍谷高等学校時代[編集]

春高バレー(選手権大会 春高バレー(選抜優勝大会 高校総体 国体 皇后杯
2004 - - 2回戦敗退[61] 九州ブロック敗退 -
2005 - ベスト4[23] ベスト8[62] 準優勝[63] -
2006 - 優勝[24] ベスト4[64] 九州ブロック敗退[65] -
2007 - 準優勝[66] ベスト8[67] 準優勝[68] -
2008 - 優勝[69] 優勝[70] 準優勝[71]
2009 - 優勝[72] 優勝[73] 優勝[74] ベスト4[25]
2010 - 優勝[75] ベスト4[76] 準優勝[77]
2011 優勝[78] - 優勝[79] 4位[80] ブロックラウンド敗退[81]
2012 優勝[82] - 2回戦敗退[83] 4位[84] ファイナル1回戦敗退[85]
2013 3回戦敗退[86] - 優勝[87] 5位[88] ブロックラウンド敗退[89]
2014 準優勝[90] - 3回戦敗退[91] 7位[92] 不出場
2015 ベスト4[93] - 2回戦敗退[94] 2回戦敗退[95] ファイナル2回戦敗退[96]
2016 2回戦敗退[97] - ベスト4[98] 2回戦敗退[99] ファイナル1回戦敗退[100]
2017 3回戦敗退[101] - 優勝[102] 準優勝[103] 不出場
2018 準優勝[104] - ベスト4[105]

全日本ユース・ジュニア[編集]

主な指導選手[編集]

高松北高等学校時代[編集]

東九州龍谷高等学校時代[編集]

オリンピアン
Vリーグ/Vプレミアリーグ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「学報NITTAIDAI」No.28 2011年4月号 8ページ 発行:日本体育大学・日本体育大学女子短期学部 広報委員会
  2. ^ a b c d e f g h i j k 「月刊バレーボール」2011年5月号 102-105ページ 著者:水野繁昭
  3. ^ a b 中津平成ロータリークラブ. “中津平成週報”. 2016年12月24日閲覧。
  4. ^ 大分県競技力向上対策本部 事務局. “がんばれ!チーム大分!”. 2016年12月24日閲覧。
  5. ^ a b 「月刊バレーボール」2017年1月号別冊付録 第69回全日本バレーボール高等学校選手権大会-春の高校バレー出場選手名鑑 39ページ 発行:日本文化出版株式会社
  6. ^ a b 「月刊バレーボール」1990年7月号 168ページ
  7. ^ a b 「月刊バレーボール」1990年12月号 171ページ
  8. ^ a b 「月刊バレーボール」1991年2月号 53ページ
  9. ^ a b 「月刊バレーボール」1992年2月号 170ページ
  10. ^ 『国民体育大会五十年のあゆみ』 本編198-199ページ、競技記録編7ページ 1998年3月20日 編集・発行:日本体育協会
  11. ^ 「香川県体育協会史 -財団法人設立30周年-」2002年11月発行 発行:香川県体育協会、編集:香川県体育協会編纂委員会 80ページ
  12. ^ Vリーグ機構. “第376号 Vリーグ・メールマガジン”. 2017年1月1日閲覧。
  13. ^ nikkansports. “聖隷2年連続16強ならず/高校バレー”. 2016年12月31日閲覧。
  14. ^ a b 香川県バレーボール協会. “香川県バレーボール協会の歩み”. 2016年12月31日閲覧。
  15. ^ 高松北高等学校. “沿革”. 2017年1月1日閲覧。
  16. ^ a b 「月刊バレーボール」1995年9月号 166ページ
  17. ^ a b 「月刊バレーボール」1996年6月号 162ページ
  18. ^ a b 「月刊バレーボール」1996年9月号 175ページ
  19. ^ a b 「月刊バレーボール」 1997年9月号 76ページ
  20. ^ 「月刊バレーボール」1997年9月号 76ページ
  21. ^ a b 四国新聞社. “筒井(高松北高)Vリーグ・久光入り”. 2017年1月2日閲覧。
  22. ^ a b 「月刊バレーボール」2004年5月号 99ページ
  23. ^ a b 「月刊バレーボール」2005年5月号 16ページ
  24. ^ a b 「月刊バレーボール」2006年5月号 34-35ページ
  25. ^ a b 日本バレーボール協会. “平成21年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 ≪女子:ファイナルラウンド 最終日 試合結果≫”. 2016年12月31日閲覧。(インターネットアーカイブ)
  26. ^ フジテレビ. “出場校一覧”. 2017年1月3日閲覧。
  27. ^ 朝日新聞」大分全県版朝刊 2006年3月27日 32ページ - 「聞蔵IIビジュアル」から検索
  28. ^ nikkannsports.com. “女子は東九州龍谷、男子は深谷が優勝/バレー”. 2017年1月5日閲覧。
  29. ^ 大分合同新聞. “リオで輝け 大分の星⑤ 女子バレーボールの長岡望悠”. 2017年1月1日閲覧。
  30. ^ a b 「月刊バレーボール」2007年7月号 59-61ページ
  31. ^ FIVB. “statistics”. 2017年1月1日閲覧。
  32. ^ 毎日新聞. “五輪バレー「見ていてお父ちゃん」日本のエース長岡望悠”. 2017年1月1日閲覧。
  33. ^ 中高生部活応援マガジン. “東京都立雪谷高等学校 硬式野球部 (2014)”. 2016年12月24日閲覧。
  34. ^ 産経ニュース. “日体荏原野球部監督に前都立雪谷監督の相原氏 「全力で甲子園目指す」”. 2016年12月24日閲覧。
  35. ^ テレビ大分. “第21回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品 - 『繋ぐ 東龍バレー』”. 2017年1月2日閲覧。
  36. ^ テレビ大分. “人間力 ~東龍バレー 日本一への挑戦~”. 2017年1月2日閲覧。
  37. ^ a b 「四国新聞」1995年9月22日号 19ページ
  38. ^ 「月刊バレーボール」 1995年12月号 156-157ページ
  39. ^ a b 「四国新聞」1996年9月28日号 17ページ
  40. ^ 「月刊バレーボール」 1996年12月号 161-162ページ
  41. ^ 「月刊バレーボール」 1997年5月号 164ページ
  42. ^ 「月刊バレーボール」 1997年12月号 158-159ページ
  43. ^ 「月刊バレーボール」 1998年5月号 115ページ
  44. ^ 「月刊バレーボール」 1998年9月号 69ページ
  45. ^ 「月刊バレーボール」 1998年12月号 110-123、144-145ページ
  46. ^ 「月刊バレーボール」 1998年5月号 153ページ
  47. ^ 「月刊バレーボール」 1998年9月号 157ページ
  48. ^ a b 「四国新聞」1999年9月28日号 14ページ
  49. ^ 「月刊バレーボール」 1999年12月号 150-151ページ
  50. ^ 「月刊バレーボール」 2000年5月号 167ページ
  51. ^ 「月刊バレーボール」 2000年10月号 157ページ
  52. ^ 「月刊バレーボール」 2001年5月号 81ページ
  53. ^ 「月刊バレーボール」 2001年10月号 156ページ
  54. ^ 「月刊バレーボール」 2001年12月号 108-113、139-140ページ
  55. ^ 「月刊バレーボール」 2002年5月号 144ージ
  56. ^ 「月刊バレーボール」 2002年10月号 159ージ
  57. ^ 「月刊バレーボール」 2003年5月号 17、157ージ
  58. ^ 「月刊バレーボール」 2003年9月号 77ージ
  59. ^ 「月刊バレーボール」 2003年12月号 150-151ページ
  60. ^ 香川県バレーボール協会. “香川県バレーボール協会の歩み”. 2017年1月9日閲覧。
  61. ^ 「月刊バレーボール」2004年9月号 59ページ
  62. ^ 「月刊バレーボール」2005年9月号 90ページ
  63. ^ 「月刊バレーボール」2005年12月号 95ページ
  64. ^ 「月刊バレーボール」2006年9月号 52ページ
  65. ^ 「月刊バレーボール」2006年11月号 71ページ
  66. ^ 「月刊バレーボール」2007年5月号 20ページ
  67. ^ 「月刊バレーボール」2007年9月号 75ページ
  68. ^ 「月刊バレーボール」2007年11月号 95ページ
  69. ^ 「月刊バレーボール」2008年5月号 9ページ
  70. ^ 「月刊バレーボール」2008年9月号 20-21ページ
  71. ^ 「月刊バレーボール」2008年11月号 14-15,25ページ
  72. ^ 「月刊バレーボール」2009年5月号 12ページ
  73. ^ 「月刊バレーボール」2009年9月号 14ページ
  74. ^ 「月刊バレーボール」2009年11月号 56ページ
  75. ^ 「月刊バレーボール」2010年5月号 32ページ
  76. ^ 「月刊バレーボール」2010年10月号 58ページ
  77. ^ 「月刊バレーボール」2010年11月号 74ページ
  78. ^ 「月刊バレーボール」2011年2月号 8-9ページ
  79. ^ 「月刊バレーボール」2011年9月号 34-35ページ
  80. ^ 「月刊バレーボール」2011年12月号 65ページ
  81. ^ 日本バレーボール協会. “天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 九州ブロックラウンド”. 2016年12月31日閲覧。
  82. ^ 「月刊バレーボール」2012年2月号 21ページ
  83. ^ 「月刊バレーボール」2012年9月号 78ページ
  84. ^ 「月刊バレーボール」2012年11月号 40ページ
  85. ^ 日本バレーボール協会. “平成24年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 ファイナルラウンド試合結果(女子)”. 2016年12月31日閲覧。
  86. ^ 「月刊バレーボール」2013年2月号 32ページ
  87. ^ 「月刊バレーボール」2013年9月号 145ページ
  88. ^ 「月刊バレーボール」2013年11月号 81ページ
  89. ^ 日本バレーボール協会. “平成25年度 天皇杯皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 九州ブロックラウンド 女子結果表”. 2016年12月31日閲覧。
  90. ^ 「月刊バレーボール」2014年2月号 16ページ
  91. ^ 「月刊バレーボール」2014年9月号 71ページ
  92. ^ 「月刊バレーボール」2014年12月号 69ページ
  93. ^ 「月刊バレーボール」2015年2月号 13ページ
  94. ^ 「月刊バレーボール」2015年9月号 143ページ
  95. ^ 「月刊バレーボール」2015年11月号 87ページ
  96. ^ 日本バレーボール協会. “ファイナルラウンド女子”. 2016年12月31日閲覧。
  97. ^ 「月刊バレーボール」2016年2月号 57ページ
  98. ^ 「月刊バレーボール」2016年9月号 22ページ
  99. ^ 「月刊バレーボール」2016年11月号 71ページ
  100. ^ 日本バレーボール協会. “ファイナルラウンド女子”. 2016年12月31日閲覧。
  101. ^ 日本バレーボール協会. “第69回全日本バレーボール高等学校選手権大会 女子決勝トーナメント戦組合せ表”. 2017年1月6日閲覧。
  102. ^ 試合結果速報(女子)”. 日本バレーボール協会. 2017年8月1日閲覧。
  103. ^ 試合結果速報(少年女子)”. 日本バレーボール協会. 2017年10月10日閲覧。
  104. ^ 男子は鎮西、女子は金蘭会が優勝を飾りセンターコートに大輪の笑顔 ジャパネット杯 春の高校バレー最終日”. 日本バレーボール協会. 2018年1月10日閲覧。
  105. ^ 高校総体女子は下北沢成徳高校が失セット0で2年ぶり3度目の優勝”. 日本バレーボール協会 (2018年8月6日). 2018年8月7日閲覧。
  106. ^ 「月刊バレーボール」2007年10月号 74-75ページ
  107. ^ 「月刊バレーボール」2008年11月号 90-91ページ

外部リンク[編集]