殿谷みな子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

殿谷 みな子(とのがい みなこ、1951年3月3日 - )は、日本の作家SF作家徳島県鷲敷町(現那賀町)出身。武蔵大学人文学部修士課程終了。夫は作家・評論家の石川好

大学時代に書いた小説が、檀一雄林富士馬らの同人誌『ポリタイア』に掲載される。

1977年に処女出版『求婚者の夜』を刊行。同書が1979年にハヤカワ文庫に収録され、以降、主に『SFマガジン』に多数の幻想的な短編を発表。

1986年の『いつかあなたを見失う』以降は、幻想色のない普通小説を主に発表している。

著書[編集]

  • 求婚者の夜 れんが書房新社, 1977.2(のち、ハヤカワ文庫, 1979.7)
  • 新お伽話 早川書房, 1982.1
  • 春はタイム・マシンに乗って 早川書房, 1986.6
  • いつかあなたを見失う 集英社, 1988.6
  • アローン・トゥギャザー 集英社, 1989.8
  • 飯喰わぬ女 れんが書房新社, 1990.4
  • 揺れる心を見せないで 集英社, 1991.1
  • 鬼の腕 殿谷みな子作品集 れんが書房新社, 1999.9
  • 着地点 れんが書房新社, 2003.8
  • 私の祖父の息子 れんが書房新社 2009.5