武田崇元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武田 崇元(たけだ すうげん 1950年 - )は日本の出版事業家、神道霊学研究家、超常現象研究家[1]。本名は武田洋一。武田益尚、武内裕、有賀龍太などの筆名を持つ。

1980年代オカルト・ブームの火付け役であり、学研発行のオカルト雑誌『ムー』には、南山宏と共に1979年の創刊時からの顧問として非常に強い影響力を持った[2][3]

竹内文書』『東日流外三郡誌』など古史古伝文献の刊行者としても知られる。

来歴[編集]

兵庫県生まれ(京都府という説もある)。灘高等学校卒業。東京大学法学部在学中は共産主義者同盟(ブント)に所属し、学生運動に携わるも挫折。社会変革に失敗した経験から、人間の内面の精神世界に関心を向けるようになった。卒業後は東京海上火災に入社するが、間もなく退社。

絃映社に入社、1976年 - 1977年まで伝説的オカルト雑誌『地球ロマン』編集長(武田洋一名義、伊藤裕夫と共同編集)。ユニバース出版にて『UFOと宇宙』編集長(武田益尚名義、後の雑誌トワイライトゾーン)。白馬書房に移籍、1979年から『迷宮』誌編集長(武田洋一名義)。

1981年、国学者大石凝真素美の全集を刊行。その全集刊行会を母体として、オカルト専門の出版社である有限会社八幡書店を創業、代表取締役となる。同時に武田崇元と名を改め、ファシストを宣言、新右翼活動家と連携する。1990年代前後老舗出版社今日の話題社を吸収。現在は再び反体制時代に回帰しているが、過激な側面はほとんど消えている。

妻は出口王仁三郎の孫である出口和明の娘。

と学会原田実は武田崇元の下で働いた事がある。

著書[編集]

(特記なき場合は武田崇元名義)

  • 『日本のピラミッド』(大陸書房、1975年)武内裕名義
  • 『予言書黙示録の大破局』(ごま書房、1979年)有賀龍太名義
  • ハレー彗星の大陰謀』(ごま書房、1981年)有賀龍太名義
  • 『出口王仁三郎の霊界からの警告 - 発禁予言書に示された破局と再生の大真相』(光文社・カッパホームス、1983年)のち文庫
  • 『出口王仁三郎の大降臨- 霊界の復権と人類の大峠』(光文社・カッパホームス、1986年)
  • 『定本 竹内文献』(八幡書店、1999年)
  • 『新約・出口王仁三郎の霊界からの警告』(学研パブリッシング、2013年)

翻訳[編集]

  • 金正彬『丹(たん)』(八幡書店、1987年)
  • ピーター・ジュール『あなたもできる!奇跡のロックバランシング』(今日の話題社、2014年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 荒川敏 『知られざる古代日本史 隠された史実が今、明らかになる』 廣済堂〈Kosaido books〉、1991年、119頁。ISBN 978-4-331-00512-5
  2. ^ 原田実「私が出会ったもう一人の『カリスマ』―武田崇元とオカルト雑誌『ムー』の軌跡」宝島30 1995年11月号
  3. ^ 吉田司雄『オカルトの惑星 1980年代、もう一つの世界地図』76頁 2009年

外部リンク[編集]