武田崇元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武田 崇元(たけだ すうげん、1950年 - )は、日本文筆家宗教研究家超常現象研究家[1]。本名は武田洋一。筆名は武田益尚武内裕有賀龍太など。

灘高等学校東京大学法学部卒業。1980年代オカルト・ブームの火付け役であり、学研発行のオカルト雑誌『ムー』には、南山宏と共に1979年の創刊時からの顧問として非常に強い影響力を持った[2][3]。『竹内文書』『東日流外三郡誌』など古史古伝文献の刊行者としても知られる。

来歴[編集]

兵庫県生まれ(京都府という説もある)。灘高等学校卒業。東京大学法学部在学中は共産主義者同盟(ブント)に所属し、学生運動に携わるも挫折。社会変革に失敗した経験から、人間の内面の精神世界に関心を向けるようになった。卒業後は東京海上火災に入社するが、間もなく退社。

絃映社に入社、1976年 - 1977年まで伝説的オカルト雑誌『地球ロマン』編集長(武田洋一名義、伊藤裕夫と共同編集)。ユニバース出版にて『UFOと宇宙』編集長(武田益尚名義、後の雑誌トワイライトゾーン)。白馬書房に移籍、1979年から『迷宮』誌編集長(武田洋一名義)。

1981年、国学者大石凝真素美の全集を刊行。その全集刊行会を母体として、オカルト専門の出版社である有限会社八幡書店を創業、代表取締役となる。同時に武田崇元と名を改め、ファシストを宣言、新右翼活動家と連携する。1990年代前後老舗出版社今日の話題社を吸収。現在は再び反体制時代に回帰しているが、過激な側面はほとんど消えている。

妻は出口王仁三郎の孫である出口和明の娘。

と学会原田実は武田崇元の下で働いた事がある。

著書[編集]

(特記なき場合は武田崇元名義)

  • 『日本のピラミッド』(大陸書房、1975年)武内裕名義
  • 『日本の宇宙人遺跡』(大陸書房、1976年)武内裕名義
  • 『日本のキリスト伝説』(学習研究社、1976年)武内裕名義
  • 『予言書黙示録の大破局』(ごま書房、1979年)有賀龍太名義
  • ハレー彗星の大陰謀』(ごま書房、1981年)有賀龍太名義
  • 『出口王仁三郎の霊界からの警告 - 発禁予言書に示された破局と再生の大真相』(光文社・カッパホームス、1983年)のち文庫
  • 『出口王仁三郎の大降臨- 霊界の復権と人類の大峠』(光文社・カッパホームス、1986年)
  • 『定本 竹内文献』(八幡書店、1999年)
  • 『新約・出口王仁三郎の霊界からの警告』(学研パブリッシング、2013年)

翻訳[編集]

  • 金正彬『丹(たん)』(八幡書店、1987年)
  • ピーター・ジュール『あなたもできる!奇跡のロックバランシング』(今日の話題社、2014年)

共著・編著[編集]

  • 『世界救世教 第二の創業に向けて』、南斗書房、1986年。(「神道系教団の現代における使命─世界救世教の低迷を憂える─」を執筆)
  • 『神々の黙示録』(金井南龍笠井鎮夫、米津千之、筑糸正嗣、武田洋一)、徳間書店、1980年。
  • 『古神道の本』、学習研究社、1994年、(「古神道家の系譜」を執筆)
  • 『JAPANオカルト怪獣記』(飛鳥昭雄、守屋汎、武田崇元、志波秀宇、三上丈晴、石井健資)、ヒカルランド、2017年。

雑誌掲載記事[編集]

  • 「武田崇元『80年代オカルト』一代記!」(インタビューアー:中島渉)『宝島30』1996年1月号、宝島社。
  • 「願わくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ」(聞き手:子午線編集部)『子午線──原理・形態・批評 Vol.5』、書肆子午線、2017年1月15日。
  • 「武田崇元・ムー前夜譚(全4回)」(構成=古川順弘)、ウェブマガジン『ムーCLUB』、ムーPLUS、2020年。
    • 熱談!! 「68年革命」と新左翼系対抗文化から”大陸”的通俗オカルトの勃興へ/ムー前夜譚(1)、2020/03/12 08:00
    • 70年代オカルトの大衆化と超古代史”ガチとの遭遇”/ムー前夜譚(2)、2020/04/08 08:00
    • ナマのオカルトで世界を批評せよ! 「復刊地球ロマン」による”平地人”へのメッセージ/ムー前夜譚(3)、2020/05/04 08:00
    • 1979年「ムー」誕生とオカルトポップ王仁三郎の発見/ムー前夜譚(4・完)、2020/06/02 08:00
  • 「神道霊学のコンスピラシー」(聞き手=武邑光裕四方田犬彦)、『GS たのしい知識』Vol.7(特集:神国/日本) 、UPU、1988年。
  • 「『迷宮』編集長・武田洋一インタビュー」(聞き手:隅田川乱一)『ヘヴン』第9号、群雄社、1981年3月。[4]
  • 葦津珍彦が作り上げた核心は『国家管理なき国家神道』」(聞き手:アライ ヒロユキ)、『週刊金曜日』2019年4月12日号。(特集 知られざる神道・神社)

イベント[編集]

  • 『1968年と宗教―全共闘以後の「革命」のゆくえ―』、科研「新宗教史像の再構築」公開シンポジウム、2018年12月15日、京都大学人文科学研究所大会議室、(登壇者: 川村邦光、鎌倉祥太郎、村山由美、武田崇元、絓秀実、栗田英彦)

エピソード[編集]

  • 武田崇元と伊藤裕夫は東大在学中の1971年、英文学者由良君美のゼミに参加した(テーマは「ドイツ表現主義」)。のちに、四方田犬彦は由良の紹介で武田と知り合う。由良は『地球ロマン』に二度寄稿している。[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 荒川敏『知られざる古代日本史 隠された史実が今、明らかになる』廣済堂〈Kosaido books〉、1991年、119頁。ISBN 978-4-331-00512-5
  2. ^ 原田実「私が出会ったもう一人の『カリスマ』―武田崇元とオカルト雑誌『ムー』の軌跡」宝島30 1995年11月号
  3. ^ 吉田司雄『オカルトの惑星 1980年代、もう一つの世界地図』76頁 2009年
  4. ^ 隅田川乱一インタビュー http://kougasetumei.hatenablog.com/entry/sumidagawaranichi
  5. ^ 四方田犬彦『先生とわたし』、p87、p93

参考文献[編集]

  • 絓秀実『1968年』ちくま新書、筑摩書房、2006年。(第4章)
  • 久山信「"全世界"から"前世界"へ/現代オカルト戦略と古史古伝」、『「古史古伝」論争』(別冊歴史読本 特別増刊 14)新人物往来社、1993年。
  • 四方田犬彦『先生とわたし』、新潮文庫、2007年。
  • 小田光雄「158 由良君美ゼミと『地球ロマン』」(『古本屋散策』論創社、2019年)
  • 長山靖生『日本SF精神史・完全版』、河出書房新社、2018年。(p.316-320、p.367)

外部リンク[編集]