武田八洲満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武田 八洲満(たけだ やすみ、1927年5月8日 - 1986年9月13日)は、日本作家

宮城県遠田郡南郷町(現・美里町)生まれ。東京商科大学専門部(現一橋大学)中退。日本図書館協会、出版業を経て、長谷川伸に師事、1963年「大事」でオール読物新人賞受賞。1970年「紀伊国屋文左衛門」で直木賞候補、1972年「信虎」、1973年「炎の旅路」、1975年「生麦一条」で計四回直木賞候補となった。

歴史小説を主とし、マリア・ルーズ号事件を描いたノンフィクションもある。

著書[編集]

  • 宮本武蔵 剣聖二刀流 盛光社 1966年9月
  • 吉田松陰 その人と生涯 金園社 1970
  • あぶ、あぶ 東京文芸社 1971
  • 信虎 毎日新聞社 1972 のち光文社文庫
  • 紀伊国屋文左衛門 朝日新聞社 1972 のち光文社文庫
  • 炎の旅路 中央公論社 1973
  • 信玄 毎日新聞社 1974 のち光文社文庫
  • 生麦一条 中央公論社 1975
  • 勝頼 毎日新聞社 1975 のち光文社文庫
  • 海の国 安藤対馬守信睦の生涯 文藝春秋 1976
  • マリア・ルス事件 大江卓と奴隷解放 有隣新書 1981年5月
  • 桶狭間の合戦 成美堂出版 1982年12月
  • 武田信玄の経営術 甲斐軍団不敗の構図 政界往来社 1987年8月
  • 箱館戦争 毎日新聞社 1988年11月
  • 野田城の蓮華草 毎日新聞社 1989年9月