武富士ダンサーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武富士ダンサーズ(Takefuji Dancers)は、消費者金融業を運営していた大手企業・武富士(2010年倒産)のテレビCMに出演していた女性ダンサー集団。制作は中央宣興株式会社(後に破産)。ジョー・リノイエの「Synchronized Love(シンクロナイズド・ラブ)」の曲でダンスをするCMで有名であった。

略史[編集]

1990年、「Synchronized Love」の曲に合わせて、女性3人(新井由美子三瀬真美子・清水玉恵)がレオタード姿で踊っているバージョン。

1991年、武富士の企業イメージCMとして初登場。この頃は12人の男女混成チームだった。「Synchronized Love」に合わせてレオタード姿の女性たちが踊るCMは一躍話題となり、問い合わせも殺到した。

1998年にはメンバーを15人に増やし、新たに再構成し直した新バージョンが放送された。衣装も単なるレオタードから生地が薄く角度の際どい灰色のハイネックのハイレグレオタード(胸の辺りがひし形に開いている)に決定。当初はピンクのへそだしハイレグ水着やスリングショットなど過激な衣装案も存在し撮影もされた。前バージョン以上の反響を呼び、様々なメディアで取り上げられることとなった。赤いマントを羽織った状態から始まり股間を強調しながら脱衣してハイレグ姿になるバージョン、ハイレグ姿から始まるバージョンがある。

2001年、完全新版として新たに作り直された。オーディションを行って精鋭のプロダンサー12名を採用、コスチュームや振付も一新し、CMそのものは好評であった。しかしながら、2003年に起きた武富士の不祥事(ジャーナリスト宅盗聴事件)により、当時の武富士会長・武井保雄が逮捕。それを受けて、CMの放送自粛を余儀なくされる。

2005年、4度目のCMを制作。再度オーディションを行い8名の新メンバーを選出、振付もTRFSAMらによって全く新しいものになった。なお、この頃までに、テレビ(地上波等)においては消費者金融業のCMに関する規制が厳しくなっており、「計画的な利用」を意識させる演出でないと放送できないことから、このCMはテレビでの放映はなされず、劇場(映画上映前に上映)及びネット配信での公開となった。

2010年9月28日、武富士が東京地方裁判所に会社更生法を申請し、受理され倒産(負債額は約4336億円)。その影響を受けて、翌月10月5日、当欄の武富士CMの制作全てを担当してきた中央宣興株式会社が自己破産を申請した。これにより、現状「武富士ダンサーズ」の活動は中止となっている。