橘川幸夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橘川 幸夫(きつかわ ゆきお、1950年2月4日 - )は、メディア・プロデューサー、出版編集者、マーケッター、コンサルタント。株式会社デジタルメディア研究所[1]所長。[2]。東京都新宿区出身。國學院大學文学部中退。著作・講演多数。

人物[編集]

  • 1972年、大学生の頃、浪人生だった渋谷陽一らと音楽投稿雑誌『ロッキング・オン[3]』創刊[4]
  • 1978年、全面投稿雑誌「ポンプ」を創刊。その後、さまざまなメディアを開発する[5]
  • 1983年、定性調査を定量的に処理する「気分調査法」を開発。商品開発、市場調査などのマーケティング調査活動を行う。(団塊総研+現代気分調査研究所『団塊気分の基礎調査 1000万人市場を読み解くために』 オンブック、2005年、122頁、参照)
  • 1980年代後半より草の根BBSを主催、ニフティサーブの「FMEDIA」のシスオペを勤める。
  • 1996年、株式会社デジタルメディア研究所を創業。インターネット・メディア開発、企業コンサルテーションなどを行う[6]
  • 2004年、小規模コンテンツ流通システムとしてのオンデマンド出版社「オンブック」[7]を創業。
  • 2006年、文部科学省の「新教育システム開発プログラム」に「ODECO」が採択され、開発・運用[8]
  • 2007年、教育CSR会議[9]を立ち上げて、企業・社会と公立学校をつなぐための回路作りを推進。
  • 2008年、「インターネット時代の新体詩運動」として「深呼吸する言葉ネットワーク[10]」を推進。原稿執筆、講演など多数。
  • 2013年、SEEDx地域未来塾[11] 塾長に就任。
  • 2014年、日本未来学会 理事に就任[12]
  • 2014年、多摩大学 経営情報学部 客員教授に就任[13]
  • 2015年、 「アインシュタイン放課後[14]」(株式会社アイム)顧問に就任。

創刊誌[編集]

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]