橘川幸夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橘川 幸夫(きつかわ ゆきお、1950年2月4日 - )は、メディア・プロデューサー、出版編集者、マーケッター、コンサルタント。株式会社デジタルメディア研究所[1]所長。[2]。東京都新宿区出身。國學院大學文学部中退。著作・講演多数。

人物[編集]

  • 1972年、大学生の頃、浪人生だった渋谷陽一らと音楽投稿雑誌『ロッキング・オン[3]』創刊[4]
  • 1978年、全面投稿雑誌「ポンプ」を創刊。その後、さまざまなメディアを開発する[5]
  • 1983年、定性調査を定量的に処理する「気分調査法」を開発。商品開発、市場調査などのマーケティング調査活動を行う。(団塊総研+現代気分調査研究所『団塊気分の基礎調査 1000万人市場を読み解くために』 オンブック、2005年、122頁、参照)
  • 1980年代後半より草の根BBSを主催、ニフティサーブの「FMEDIA」のシスオペを勤める。
  • 1996年、株式会社デジタルメディア研究所を創業。インターネット・メディア開発、企業コンサルテーションなどを行う[6]
  • 2004年、小規模コンテンツ流通システムとしてのオンデマンド出版社「オンブック」[7]を創業。
  • 2006年、文部科学省の「新教育システム開発プログラム」に「ODECO」が採択され、開発・運用[8]
  • 2007年、教育CSR会議[9]を立ち上げて、企業・社会と公立学校をつなぐための回路作りを推進。
  • 2008年、「インターネット時代の新体詩運動」として「深呼吸する言葉ネットワーク[10]」を推進。原稿執筆、講演など多数。
  • 2013年、SEEDx地域未来塾[11] 塾長に就任。
  • 2014年、日本未来学会 理事に就任[12]
  • 2014年、多摩大学 経営情報学部 客員教授に就任[13]
  • 2015年、 「アインシュタイン放課後[14]」(株式会社アイム)顧問に就任。

創刊誌[編集]

著書[編集]

  • 『企画書』 宝島社、1980年。 ISBN 978-4944098163
  • 『メディアが何をしたか?』ロッキング・オン、1984年。 ISBN 978-4947599094
  • 『なぞのヘソ島』アリス館[15]、1988年。ISBN 978-4752060017
  • 『一応族の反乱』日本経済新聞社、1990年。ISBN 978-4532096069
  • 『創業夢宿-Remix』たま出版、1993年。ISBN 978-4884812997
  • 『生意気の構造』日本経済新聞社、1994年。ISBN 978-4532161088
  • 『シフトマーケティング』ビジネス社、1995年。ISBN 978-4828405742
  • 『21世紀企画書』晶文社、2000年。ISBN 978-4794964342
  • 『インターネットは儲からない!』日経BP社、2001年。ISBN 978-4822242350
  • 『暇つぶしの時代』平凡社、2003年。ISBN 978-4582831672
  • 『やきそばパンの逆襲』('04/河出書房新社
  • 『深呼吸宣言3』オンブック、2006年。ISBN 978-4902950342
  • 『微力の力 おバカな21世紀、精神のサバイバル』エンターブレイン、2007年。ISBN 978-4757737563
  • 『自分探偵社』メタブレーン、2004年。ISBN 978-4902950007
  • 『ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。 』バジリコ、2008年。ISBN 978-4862380845
  • 『ホントに欲しいものを、言ってみな!深呼吸和歌集』 日販アイ・ピー・エス、2009年。ISBN 978-4930774361
  • 『希望の仕事術』バジリコ、2009年。バジリコ、2009年。ISBN 978-4862381576
  • 『万年野党宣言』Amazon Services International, Inc.、2013年。ASIN B00AWDINK4
  • 『Dearモンスター時代 ~橘川幸夫のほんと探し~』ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス、2013年。ASIN B00GX9M0P0
  • 『森を見る力』晶文社、2014年。ISBN 978-4794968388
  • 『ロッキング・オンの時代』晶文社、2016年。ISBN 978-4794969408
  • ほか共著、編著多数

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]