橋本きみ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
橋本きみ子
KIMIKO Hashimoto
引退
ポジション(現役時) G/F
--
--
基本情報
本名 長井きみ子
愛称 ボク
ラテン文字 KIMIKO Hashimoto
日本語 橋本きみ子
誕生日 (1953-02-17) 1953年2月17日(65歳)
日本の旗 日本
出身地 千葉県千葉市
ドラフト  

橋本 きみ子(はしもと きみこ、1953年2月17日 - )は、千葉県千葉市出身の元女子バスケットボール選手である。現姓・長井。ポジションはガード・フォワード。コートネームは「ボク」。

来歴[編集]

千葉市立新宿中学校3年で県大会3位の成績を残し、千葉商業では同好会を部に昇格させ、3年でインターハイ出場を果たした。

卒業後、第一勧業銀行に入社。日本リーグ(現Wリーグ)では第8回から3年連続でベスト5に選ばれ、主将も務めた。

全日本の一員として1974年アジア大会金メダル、1975年世界選手権準優勝メンバーとなった。翌年のモントリオール五輪でもメンバーに選ばれたが、膝の故障のため5試合で出場29分に留まった。

1977年の引退後はNHK解説者を務める。

現在はシニアチーム「JBC」に所属して競技の普及に努めている。

経歴[編集]

  • 千葉商高 - 第一勧銀(1972年〜1977年)

関連項目[編集]