青沼令子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青沼令子
REIKO Aonuma
引退
--
--
基本情報
本名 藤澤令子
ラテン文字 REIKO Aonuma
誕生日 (1954-01-28) 1954年1月28日(64歳)
日本の旗 日本
出身地 長野県長野市
ドラフト  

青沼 令子(あおぬま れいこ、1954年1月28日 - )は、長野県長野市出身の元女子バスケットボール選手である。現姓・藤澤(ふじさわ)。

来歴[編集]

高校卒業後、ユニチカ山崎に入社。

全日本のメンバーにも選ばれ、1974年アジア大会金メダル、1975年世界選手権銀メダルを獲得。モントリオール五輪にも出場した。

引退後は日本レクリエーション協会公認指導者に転じ、地元でレクリエーション活動の普及に努めている。

現在は社団法人長野県経営者協会教育研修部課長[1]、長野県レクリエーション協会理事。

ソフトボール日本代表元監督の宇津木妙子はユニチカの同期。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]