樹下節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

樹下節(じゅげ たかし、1911年5月28日-1990年[1])ロシア語翻訳家、左翼活動家。

本名・松本傑。熊本市生まれ。ギリシャ正教高橋長七にロシア語を学ぶ。1931年日本共産党の雑誌『農民闘争』で埴谷雄高と組む。1958年北御門二郎と同人誌『座標』を創刊[2]

翻訳[編集]

  • アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイ『パン』上脇進共訳 三一書房 1951
  • ショーロホフ静かなるドン 全訳』1952 三笠文庫 のち江川卓共訳、角川文庫
  • カレル・チャペック山椒魚戦争世界文化社 1953 のち角川文庫
  • アサフィエフ『ロシヤの音楽』音楽之友社 1954
  • 『近代ロシヤ詩集』編訳 1955 三笠新書
  • ショーロホフ『開かれた処女地』青木文庫 1956
  • 『映画シナリオ論』編訳 理論社 1957
  • 『くり色の犬 チェホフの本』日本児童文庫刊行会・アルス日本児童文庫 1958
  • ペ・ペ・セミョーノフ=チャンシャンスキイ『天山紀行』ベースボール・マガジン社 スポーツ新書 1958
  • オ・ア・チェルニコワ『スポーツマンの心理学』ベースボールマガジン社 1960
  • 『近代ロシア詩集』訳編 角川文庫 1961
  • ヴィタリー・ヤン「征服者」平凡社、1966
    1. ジンギス汗
    2. バト汗西へ行く」
    3. 「地の果てまで」
  • ビアンキ動物記 1 みなし子のムルズク』理論社 1968
  • 『ビアンキ動物記 2 孤独な森の巨人』理論社 1968
  • 『ビアンキ動物記 3 オオカミおじさん』理論社 1968
  • 『ビアンキ動物記 6-7 水の新聞』スラトコフ編 理論社 1968
  • コルネイ・チュコフスキー『銀いろの記章 わたしの少年時代』理論社 1969
  • コルネイ・チュコフスキー『2歳から5歳まで』理論社 1970
  • トルストイ『こどものための本 6』理論社 1972
  • 『絵本=ビアンキ動物記』田中かな子,内田莉莎子共訳 理論社 1973
  • レフ・N.トルストイ『フィリップぼうず』理論社 1973
  • M.イリイン, Ye.セガール『人間のあゆみ』全3巻 理論社 1974
  • アナトーリー・アレークシン『青春への誘い アレークシン中編作品集』理論社 1975
  • ユーリー・コリネツ『おじさんの思い出』理論社 1976
  • コルネイ・チュコフスキー『ごきぶりゴン チュコおじさんの本 1』理論社 1976
  • アントン・チェーホフ『迷子のカシタンカ』理論社 1976
  • コルネイ・チュコフスキー『アいたた先生』理論社 1977
  • A.プーシキン『王女と七人の勇士』理論社 1977
  • A.プーシキン『サルタン王のものがたり』理論社 1977
  • アナトーリー・アレークシン『人生のとびら アレークシン中編作品集』理論社,1979
  • 『ビアンキ動物記 4 ちびっこりょうし』理論社 1981
  • 『ビアンキ動物記 6 ひばりのおしらせ』理論社 1981
  • 『ビアンキ動物記 8 オオヤマネコ物語』理論社 1981
  • 『ビアンキ動物記 9 密林のクロテン』理論社 1981
  • 『ビアンキ動物記 10 ガンのぼうけん』理論社 1981
  • 『ビアンキ動物記 11 森の巨人ヘラジカ』理論社 1981
  • 『ビアンキ動物記 12 大草原の野鳥たち』理論社 1981
  • 『ビアンキ動物記 14 物知りウサギ』理論社 1981
  • 『ビアンキ動物記 15 なぎさのカモメ』理論社 1981
  • 『ビアンキ動物記 16 ガンの知恵』理論社 1981
  • レフ・N.トルストイ『イワンのばか』理論社・フォア文庫 1983
  • レフ・N.トルストイ『愛についての10話』理論社 1984
  • アナトーリー・G.アレークシン『家族のゆくえ』理論社 1984

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』[要ページ番号]
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年[要ページ番号]