横沢四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横沢 四郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1906-03-10) 1906年3月10日
没年月日 (1981-05-30) 1981年5月30日(75歳没)
身長
体重
173 cm
56 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1937年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
助監督歴

横沢 四郎(よこざわ しろう、1906年3月10日 - 1981年5月30日[1])は、東京都[1]出身のプロ野球選手俳優。兄の横沢三郎、弟の横沢七郎もプロ野球選手。

経歴[編集]

芝中学校から日本大学を経てマキノキネマに入社し[2]、数年間俳優として活動。

1936年東京セネタースへ入団[1]1937年秋季リーグ後に退団。1946年セネタース設立時、兄の横沢三郎が監督に就任したのに伴って、同球団の助監督に就任した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936 東京セネタース 13 31 27 4 5 0 0 0 5 4 2 -- 0 -- 4 -- 0 3 -- .185 .290 .185 .476
1937 4 7 5 1 0 0 0 0 0 0 0 -- 1 -- 1 -- 0 1 -- .000 .167 .000 .167
1937 2 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 0 -- .200 .200 .200 .400
通算:2年 19 43 37 5 6 0 0 0 6 4 2 -- 1 -- 5 -- 0 4 -- .162 .262 .162 .424

背番号[編集]

  • 11 (1936年 - 1937年)
  • 31 (1946年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、615ページ
  2. ^ 横沢四郎(東京セネタース)”. 日本野球機構. 2020年11月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]