横山長知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
横山長知
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄11年(1568年
死没 正保3年1月21日1646年3月8日
別名 通称:三郎、大膳
官位 山城
主君 前田利長利常
氏族 横山氏
父母 父:横山長隆
兄弟 長秀長知長忠常隆奥村易英正室
前田長種養女(前田長種妹)
康玄長次(興知、旗本横山家祖)、長治
知清(兄興知の養子)、兼知重知(守知)、長堅長堅(豊知)、玉井市正貞清室、
玉井貞清後室、山崎長門光武室、
三輪主水三信室、成田助九郎守政室、
水野内匠里成

横山 長知(よこやま ながちか)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将前田氏の家臣。

生涯[編集]

永禄11年(1568年)、横山長隆の子として誕生。

丹波国円通寺で修練に励み、後に父・長隆と共に前田利長に仕える。天正11年(1583年)、父が賤ヶ岳の戦いで戦死すると、利長から200石を拝領して家督を引き継ぐ。豊臣秀吉の死後、主君・利長が徳川家康から謀叛の嫌疑をかけられた際には大坂城に赴き、家康に陳弁している。長知は親徳川派の立場にあったようで、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは利長の命を帯び、前田家中における反徳川派の中心人物であった大聖寺城主・太田長知を殺害している。

利長が家督を異母弟・利常に譲って隠居すると、これに随従し自らも剃髪。一旦は致仕するが、その後、再度出仕して利常に仕える。大坂冬の陣では金沢城の留守を務め、翌年の夏の陣では参陣した。また、本多政重と共に大坂城の修築工事も担当している。

正保2年(1645年)、嫡男・康玄に先立たれ、翌3年(1646年)に後を追うように死去した。家督は孫の忠次が相続、子孫は代々加賀藩家老を輩出する家系として栄達した。次男・長次は人質として江戸に赴きのち江戸幕府に仕え5千石の旗本寄合となった。

出典[編集]