横山長隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
横山長隆
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文8年(1539年
死没 天正11年4月21日1583年6月11日
改名 長隆、半喜(号)
主君 稲葉良通金森長近前田利長
氏族 横山家
父母 横山時隆杉弥左衛門
杉弥左衛門娘
長秀長知長忠常隆奥村易英正室
テンプレートを表示

横山 長隆(よこやま ながたか) は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将前田氏の家臣。加賀八家横山家初代。

生涯[編集]

天文8年(1539年)、美濃国多芸郡国人横山時隆の子として誕生。多芸郡直江郷の杉弥左衛門の婿養子となる。

清水城主・稲葉良通(通朝)に仕えるも、同僚と争い、相手を殺害して越前国に逃れる。大野城金森長近に仕えた後、金森家を退き、越前府中で閑居して半喜と号す。天正10年(1582年)、前田利長に出仕し旗奉行となる[1]

天正11年(1583年賤ヶ岳の戦いに出陣し殿軍を務めて戦死した。享年45。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 後年、前田利家が死去した際に長隆の跡を継いだ横山長知は利家からの遺物分配を受けていないが、これは横山長隆が利長によって召し抱えられて前田家に仕え、同家は利家と直接の主従関係にはなかったことによる(木越隆三「慶長期加賀藩家臣団の構成と動向」(初出:棚町知弥・鶴崎裕雄・木越隆三 編『白山万句 資料と研究』(白山比咩神社、1985年)/所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』(戎光祥出版、2016年) ISBN 978-4-86403-207-0)))。

出典[編集]