権田源太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

権田 源太郎(ごんだ げんたろう、1950年 - 2022年11月10日)は、日本実業家権田金属工業の社長。また、通算12回チェスの全日本チャンピオンになる等チェスプレーヤーとしても活動していた。

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市生まれ。1969年日本チェス協会に入会する。1973年慶應義塾大学経済学部を卒業、トーメン(のちに豊田通商に吸収合併される)に入社。同年初めてチェスの全日本チャンピオンとなる。1977年トーメンを退社し、権田金属工業に入社。1983年同社代表取締役社長に就任。

なおチェス・オリンピアードの日本代表には1972年1974年1980年と通算3回選ばれており、1978年には世界選手権第10ゾーン日本代表にも選ばれている。

2022年11月15日、社長を務めていた権田金属工業より2022年11月10日に逝去したと発表された。享年72歳。

著書[編集]

外部リンク[編集]