樋口信康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
樋口信康
時代 江戸時代初期
生誕 元和9年11月10日1623年12月31日
死没 元禄4年6月21日1691年7月16日
諡号 崇厳院岳誉看山
官位 従二位権中納言
主君 明正天皇後光明天皇後西天皇霊元天皇
氏族 樋口家
父母 父:樋口信孝、母:広橋兼勝の娘
兄弟 中条信慶中条信久、梅(徳川家光上臈)、清雲院、勘解由小路(松寿院、徳川光友側室)
堀河康胤の娘
康勝康資中条康満康熈鈴木重長室、松平忠勝室、長(松平頼侯室)、立(竹腰正信の3男の竹腰正辰室)、葉室頼重室、阿野公緒
テンプレートを表示

樋口 信康(ひぐち のぶやす)は、江戸時代初期の公家藤原北家高倉流、樋口家の2代目。官位は従二位権中納言

経歴[編集]

右近衛中将を経て、貞享元年(1684年参議となり、貞享4年(1687年権中納言になった。元禄4年(1691年)6月21日、69歳で薨去。法号は崇厳院岳誉看山

系譜[編集]

関連項目[編集]

先代:
樋口信孝
樋口家
第 2代
次代:
樋口康熈