楠橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
楠橋駅
Kusubashi Station 20160618.jpg
楠橋駅(2016年6月18日)
くすばし
Kusubashi
CK15 筑豊香月 (1.3km)
(0.6km) 新木屋瀬 CK17
所在地 北九州市八幡西区楠橋下方三丁目1985-2
駅番号 CK 16
所属事業者 筑豊電気鉄道
所属路線 筑豊電気鉄道線
キロ程 11.5km(黒崎駅前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
468人/日
-2017年-
開業年月日 1958年(昭和33年)4月29日
備考 無人駅
テンプレートを表示
楠橋車庫構内の2000形2003編成

楠橋駅(くすばしえき)は、福岡県北九州市八幡西区楠橋下方三丁目にある、筑豊電気鉄道筑豊電気鉄道線である。構内に電車営業所と楠橋車庫が設置されている。駅番号はCK16

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅である。無人駅だが、そばに楠橋電車営業所と車両基地があり、営業所で忘れ物の受け取りや定期券・回数券などの購入ができる。乗務員の交代は当駅で行われる。

平日の朝夕および土休日の朝には、黒崎駅前方面からの電車の一部に当駅折り返しが設定されている。

また、早朝・深夜には車庫への出入庫を兼ねた当駅~筑豊直方駅間の区間便が設定されている。筑豊直方方面ホームには車庫から直接入線できない構造のため、当駅始発の筑豊直方行きは黒崎駅前方面ホームから発車する。

のりば
ホーム 路線 行先 備考
1 筑豊電鉄線 筑豊直方方面
2 永犬丸黒崎駅前方面

※実際には上記ののりば番号標はない、上記の番号は列車運転指令上の番線番号である。

楠橋車庫[編集]

1959年10月17日に完成し、筑豊電鉄唯一の車庫である。当初は2線であったが1962年に3・4番線が、1976年に5・6番線が増設された。車両の日常検査を担当する。工場機能はなく、全般検査・重要部検査については、1992年以前は西鉄北九州線砂津工場で、以降は黒崎工場で施行される。

利用状況[編集]

2017年度の1日平均乗降人員は468人である[1]

駅周辺[編集]

駅の周辺はのどかな田園地帯である。

隣の駅[編集]

筑豊電気鉄道
筑豊電気鉄道線
筑豊香月駅 (CK15) - 楠橋駅 (CK16) - 新木屋瀬駅 (CK17)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]