楠本捷一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楠本 捷一朗(くすもと しょういちろう、1936年6月20日[1] - 2011年5月1日[2])は、日本経済学者。専門は数理経済学ミクロ経済学厚生経済学筑波大学名誉教授ロチェスター大学経済学博士[1]

人物・経歴[編集]

京都府生まれ。1965年横浜国立大学経済学部経済学科卒業[1]。1969年一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了。指導教官荒憲治郎[3]。1973年ロチェスター大学大学院博士課程修了、経済学博士Ph.D(Economics))[1]

1974年千葉大学人文学部助教授。1979年筑波大学社会工学系助教授。1989年同教授[1]。1993年同社会工学類長。1995年同大学院社会工学研究科長。1996年からは同博士課程長として、斯波恒正とともに、社会工学研究科博士課程計量ファイナンス・マネジメント専攻の開設にあたった[4]。2000年九州産業大学経済学部教授[5][1]、筑波大学名誉教授[1]

著作[編集]

著書[編集]

訳書[編集]

  • P.シャンソール, J.-C.ミルロン『ミクロ経済学 : モデル分析』東洋経済新報社、1986年。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 経済と政策―理論入門紀伊國屋書店
  2. ^ 「楠本捷一朗」筑波大学新聞2011年6月13日
  3. ^ 「昭和43年度学位授与・単位修得論文」一橋研究
  4. ^ ファイナンス教育 - 一橋大学
  5. ^ 「楠本 捷一朗」researchma


先代:
池田三郎
筑波大学社会工学研究科長
1995年 - 1996年
次代:
斯波恒正