森広蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森 広蔵(もり こうぞう、1873年2月24日 - 1944年1月12日)は、日本の実業家台湾銀行頭取等を経て、安田保善社理事に就任。昭和初期に安田財閥の最高経営者として組織・人事の再編成を行った。

人物[編集]

鳥取県出身。高等商業学校(現一橋大学)卒業後、横浜正金銀行取締役等を経て、1925年台湾銀行頭取。

1929年安田銀行副頭取、安田保善社理事。解任された前任の結城豊太郎に代わり、安田善次郎の死後、安田財閥の最高経営者として改革を行い、組織・人事の再編成により、戦後芙蓉グループ発展の基礎を作った[1]

日本経済連盟会常務理事等も務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 由井常彦編『安田財閥』