園部潜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

園部 潜(そのべ ひそむ、1882年明治15年)12月 - 1945年昭和20年))は、日本銀行家安田保善社理事や、安田銀行社長を務めた。

人物・来歴[編集]

三重県出身。1904年東京高等商業学校(現一橋大学)卒業、日本銀行入行。1916年から3年間アメリカ合衆国銀行業の視察を行ったのち、日本銀行検査役、日本銀行調査役、日本銀行松江支店長等を経て[1]、日本銀行での上司であった結城豊太郎安田保善社専務理事兼安田銀行副頭取がいた安田保善社に転じ、1923年安田保善社調査部長に就任[2]

同年安田保善社理財部長。1924年安田保善社理財部長兼銀行部長[2]。安田銀行常務監査役を経て、1926年安田銀行常務取締役[3]。1940年からは森広蔵の後任として安田銀行副頭取を務め、事業金融への進出を行うなどした[4]。1941年安田保善社理事に昇格[5]。1942年には安田銀行で社長制が新設され安田銀行社長に就任した[6]。1945年死去[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「園部潛 (男性)」渋沢社史データベース(名古屋大学)
  2. ^ a b 小早川洋一安 田善次郎死後の安 田財閥の再編成経営情報学部論集1―1(1985・1) (中部大学)
  3. ^ 「(株)安田銀行『安田銀行六十年誌』(1940.09)」渋沢社史データベース
  4. ^ 迎由理男戦時期の安田銀行北九州市立大学『商経論集』第 41 巻第 1・2・3 合併号(2006 年2月)
  5. ^ 「安田保善社『安田保善社とその関係事業史』(1974.06)」渋沢社史データベース
  6. ^ 「(株)富士銀行『富士銀行百年史. 別巻』(1982.03)」渋沢社史データベース
  7. ^ 「新収蔵作品 : 武石弘三郎《裸婦浮彫》、北村四海《女性立像》について」国立国会図書館デジタルコレクション
先代:
森広蔵
安田銀行副頭取(のちの専務)
1940年 - 1942年
次代:
浜田勇三
先代:
安田一
安田銀行社長(旧頭取)
1942年 - 1945年
次代:
武井大助