梁実秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梁実秋と最初の妻(程季淑)

梁実秋(りょうじつしゅう、1903年1月6日―1987年11月3日、英文名はウェード式:Liang Shih-chiuまたは拼音:Liang Shiqiu)は20世紀中国文学者文芸評論家、教育者、翻訳家、辞書編纂者で、国民党政府とともに行動したので、中国共産党政府とともに行動した魯迅としばしば対比される。

概要[編集]

梁実秋は1903年、浙江省で生まれた。父親(梁咸熙)は科挙に合格した清朝政府役人であった。1915年に清華大学に入学して、文学活動を開始し、1921年の処女作の詩「蓮の花の池」を発表。

1923年、米国コロラドカレッジへ留学し、ハーバード大学コロンビア大学の大学院で学ぶ。1926年に帰国すると、南京の東南大学(後に国立中央大学南京大学と改名)で教え、上海の新聞の文芸欄の編集、新しい雑誌の創刊などに携わった[1]胡適などとともに、新文化運動中に詩の近代化を目指す「新月社」の中心として活躍した。

1930年、青島大学で外国学部主任に就任し、1934年には北京大学の教授兼外語学部主任になる。日中戦争中の1938年からは重慶政府の国民参政会の参政員となり、重慶編訳館で翻訳委員会を主宰し、教科書編集委員会常務委員を務めている。

1949年からは台湾へ移住して、台湾師範大学英語学部の教授となる。国民党政府とともに行動したので、中国共産党政府とともに行動した魯迅としばしば対比される[2]。散文作品集「雅舎小品」(四集)などを出版して、またシェークスピアの翻訳全集を完成している。また『遠東英漢大辭典』、『遠東英漢・漢英雙向辭典』は梁実秋編纂として台湾で発行されている[3][4]

1987年、台北で死去。

1988年以来、中華日報社は「梁実秋文学賞」を行っている。台北には台湾師範大学が管理する「梁実秋故居」(日本風家屋)があり[5]、中国大陸では重慶の「雅舎」(梁実秋の寓居)、青島の「梁実秋故居」が開放されている[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]