桟橋通一丁目停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桟橋通一丁目駅から転送)
移動先: 案内検索
桟橋通一丁目停留場*
南より望む。手前が下りホーム
南より望む。手前が下りホーム
さんばしどおりいっちょうめ
Sambashidori 1-chome
梅の辻 (0.5km)
所在地 高知県高知市桟橋通1丁目
所属事業者 とさでん交通
所属路線 桟橋線
キロ程 1.9km(高知駅前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1904年(明治37年)5月2日
備考 * 改称経歴
- 1938年 帯田→桟橋通二丁目
- 1955年 桟橋通二丁目→桟橋通一丁目
テンプレートを表示

桟橋通一丁目停留場(さんばしどおりいっちょうめていりゅうじょう)は、高知県高知市桟橋通1丁目にあるとさでん交通桟橋線路面電車停留場

歴史[編集]

当停留場は1904年(明治37年)、帯田停留場(おびたていりゅうじょう)として梅の辻 - 桟橋間の開通と同時に開業した[1]。停留場名は1938年(昭和13年)に桟橋通二丁目停留場(さんばしどおりにちょうめていりゅうじょう)へと改称[1][2]。このとき、当停留場と梅の辻停留場の間にあった鏡川町通停留場が当停留場に先んじて桟橋通一丁目停留場に改称している[1]。この初代桟橋通一丁目停留場は1955年(昭和30年)に廃止、代わってこのときより当停留場が桟橋通一丁目を名乗るようになった[1][2]。また、それまで当停留場が名乗っていた桟橋通二丁目は、同じ日より南隣の停留場が称するようになった[1]

構造[編集]

桟橋線の軌道は道路上に敷かれた併用軌道であり、道路上にホームが設けられる。ホームは2面あり、南北方向に伸びる2本の線路を挟み込むように配される[4]。ただし互いのホーム位置は交差点を挟んで離れていて、交差点の南に桟橋方面へ向かう下りホーム、北に高知駅方面へ向かう上りホームがある[4]

周辺[編集]

隣の停留場[編集]

とさでん交通
桟橋線
梅の辻停留場 - 桟橋通一丁目停留場 - 桟橋通二丁目停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、61頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  2. ^ a b c d 土佐電鉄の電車とまちを愛する会 『土佐電鉄が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2006年、101・156-158頁。ISBN 4-533-06411-6
  3. ^ 上野宏人 (2014年10月2日). “とさでん交通:「再出発」 「便利な市民の足に」高知で設立式 新デザインの車両披露”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  4. ^ a b 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第2巻 四国西部エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年、38・95頁。ISBN 978-4-06-295161-6

関連項目[編集]