栃木孝惟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栃木 孝惟(とちぎ よしただ、1935年2月 - )は、日本国文学者、千葉大学名誉教授

略歴[編集]

1959年東京大学国文科卒。1966年、同大学院博士課程満期退学。千葉大学助教授、教授、1998年定年退官、名誉教授、清泉女子大学教授、2005年退職。中世軍記物語が専門。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 平家物語 市古貞次共著 明治書院 1971 (古典アルバム)
  • 平家物語 ほるぷ出版 1987.7 (日本の文学)
  • 保元物語 新日本古典文学大系 43 岩波書店 1992.7
  • 平家物語の成立 有精堂出版 1993.11 (あなたが読む平家物語)
  • 保元物語の形成 汲古書院 1997.7 (軍記文学研究叢書)
  • 平治物語の成立 汲古書院 1998.12 (軍記文学研究叢書)
  • 延慶本平家物語 1 谷口耕一共編 汲古書院 2000.3
  • 軍記文学の始発 初期軍記 汲古書院 2000.5 (軍記文学研究叢書)
  • 延慶本平家物語の世界 校訂延慶本平家物語 別巻 松尾葦江共編 汲古書院 2009.5

参考[編集]

  • J-GLOBAL
  • 著書記載略歴