柴田勝征

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柴田 勝征(しばた かつゆき、 1943年8月14日 - 2014年 )は、福岡大学理学部応用数学教授埼玉大学名誉教授理学博士大阪大学1974年[1])。

略歴[編集]

備考[編集]

OECD生徒の学習到達度調査の結果の評価にたいへん批判的であり、これに関する長大な論文を複数執筆している。柴田によれば「ヨーロッパでは、多くの教育学者統計学者から厳しいPISA批判が出されていますが、日本ではまったく報道管制が敷かれている状態」[2]にある、とのことである。

PISAに関する論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文のタイトルは「Oriented and weakly complex bordism algebra of free periodic maps(自由周期写像の有向および弱概複素同境代数)」、乙第1386号
  2. ^ 「柴田 勝征 研究室 ホームページ」より引用。
  3. ^ 柴田によれば、本論文の英語版は「ヨーロッパに持っていって、非常に驚嘆・歓迎され」たそうである。以下、英語版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]