枦山智博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

枦山 智博(はぜやま ともひろ、1944年5月28日 - )は樟南高等学校野球部元監督。

鹿児島県垂水市出身。社会人野球を経て、1971年に母校・樟南高(当時・鹿児島商工高)の監督に就任。

監督就任以来枦山は樟南高を甲子園に23回(春7回、夏16回・2010年7月現在)出場に導いている。1994年第76回全国高等学校野球選手権大会では準優勝した。鹿児島実業高等学校監督の久保克之(現・副部長)と共に鹿児島県の高校野球を長年にわたりリードした。

2003年7月1日に、自動車を運転中に事故に遭い、頭部を45針縫う重傷を負うが同年の第85回全国高等学校野球選手権大会ではユニフォーム姿で指揮をとった。

2010年7月27日に監督退任を発表した。

甲子園での成績[編集]

  • 春:出場7回・4勝7敗
  • 夏:出場16回・22勝16敗・準優勝1回(1994年)
  • 通算:出場23回・26勝23敗・準優勝1回