林錦峯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 錦峯(はやし きんぽう、明和4年(1767年) - 寛政5年4月20日1793年5月28日))は、江戸時代中期の朱子学儒学者林家7代。は信敬。実父は富田明親

略歴[編集]

天明7年(1787年)、林鳳潭の跡を継ぎ、幕府儒官となり、大学頭となった。寛政2年(1790年)には幕府から寛政異学の禁を行うように通達されている。寛政5年(1793年)、27歳で死去した。

子がなかったため、ここに林羅山から続く血統的家系は断絶した。同年、将軍徳川家斉の命により美濃国岩村藩松平乗薀の三男・乗衡が林家8代となり、林述斎(林衡)と称して林家が再興された。

関連項目[編集]