林鵞峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
林鵞峰

林 鵞峰(はやし がほう、元和4年5月29日1618年7月21日) - 延宝8年5月5日1680年6月1日[1])は、江戸時代前期の儒者林羅山の三男。名は又三郎・春勝・恕。字は子和・之道。号は春斎・鵞峰・向陽軒など。

人物・略歴[編集]

京都出身。那波活所(なわかっしょ)に師事し、その後父羅山同様江戸に赴き江戸幕府に仕えた。父羅山の死去後の明暦3年(1657年林家を継ぎ、幕政に参与した。寛文3年(1663年)、4代将軍徳川家綱五経を講義して弘文院学士号を与えられ、訴訟関係・幕府外交の機密にあずかった。

日本史に通じ、父羅山とともに『日本王代一覧』、『本朝通鑑』(『本朝編年録』)、『寛永諸家系図伝』など、幕府の初期における編纂事業を主導し、近世歴史学に大きな影響を与えた。鵞峰が整えた林家学塾の組織は、その後の昌平坂学問所の基礎となった。

多方面な関心をいだいて博学広才ぶりを発揮した父羅山にくらべ、鵞峯は、『本朝通鑑』や『日本王代一覧』などにおいて「日本」の国柄がどのようなものであったかを追究し、幕府政治の正統性や妥当性がどうあればいいかについて、その支配イデオロギー形成の端緒を開いたとも評される[2]

王朝変動期の唐船風説書集成を『華夷変態』と名付けて編纂した鵞峰は、延宝二年(1674年)の序文で、「頃間、呉(呉三桂)・鄭(鄭成功の子、鄭経)各省に檄し、恢復の挙あり、その勝敗知るべからず」と同時代の三藩の乱の覇権争いに触れたうえで、「もしそれ夷の華に変ずるの態を為すこと有るときは則ち、たとひ方域を異にすともまた快らずや」と、夷狄である満洲人中華となるような事態の招来を、愉快であると評した[3]

寛永20年(1643年)の著書『日本国事跡考』のなかで「松島、此島之外有小島若干、殆如盆池月波之景、境致之佳、與丹後天橋立、安藝嚴島爲三處奇觀」(松島、この島の外に小島若干あり、ほとんど盆池月波の景の如し、境致の佳なる、丹後天橋立・安芸厳島と三処の奇観となす)と記し、これが現在の「日本三景」の由来となった。2006年(平成16年)、鵞峰の誕生日にちなみ、7月21日が「日本三景の日」と制定された。

家族[編集]

父林羅山は幕府草創期の儒者として著名である。長兄・次兄は夭逝し、三男春勝が鵞峰として羅山の後を継いだ。子の信篤は林家3代を継ぎ、林鳳岡と号した。

弟守勝は読耕斎(とくこうさい)と号し、やはり幕府に召し抱えられた。読耕斎の子孫の家を「第二林家」と呼ぶ(林家の項目参照)。

脚注[編集]

  1. ^ 林鵞峰』 - コトバンク
  2. ^ 松岡正剛 (2005年12月29日). “徳川イデオロギー”. オリジナルの2021年11月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211129051915/https://1000ya.isis.ne.jp/1090.html 
  3. ^ 眞壁仁 『徳川儒学思想における明清交替 : 江戸儒学界における正統の転位とその変遷』北海道大学大学院法学研究科〈北大法学論集 62 (6)〉、2012年3月30日、46頁。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]