林晋太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林 晋太郎 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ハヤシ シンタロウ
ラテン文字 HAYASHI Shintaro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-01-13) 1980年1月13日(39歳)
出身地 千葉県船橋市
身長 170cm
体重 65kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

林 晋太郎(はやし しんたろう、1980年1月13日 - )は、千葉県船橋市出身のサッカー指導者。

来歴[編集]

2004年外務省の事業で1年間、メキシコに留学してスペイン語を習得。帰国後はJFAアカデミー福島のスタッフに就任。日本国内で行われたFIFAクラブワールドカップでは、FCバルセロナボカ・ジュニアーズなどのリエゾン(連絡員)を務め、主に通訳の仕事でチームの調整役を担った[1]

2012年AC長野パルセイロのGKコーチに就任。2013年薩川了洋小湊隆延と共にFC琉球に移り、GKコーチを務めた[2]2014年大分トリニータのGKコーチに就任[3]。2年目の2015年には大分サポーターによって林個人の応援チャントが作成され、ピッチ内練習時にゴールキーパーのチャントと共に歌われた。しかし監督交代の影響を受ける形で同年6月2日にGKコーチの職を解かれ、6月15日に大分を退団する事も発表された。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]