林容吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 容吉(はやし ようきち、1912年10月24日 - 1969年12月26日)は、日本の財政学者、翻訳家。

早稲田大学商学部教授を務めるかたわら、児童向けの英語文学を翻訳したが、57歳で死去した。

著書[編集]

  • 財政学講義 文真堂 1942
  • 財政学講義案 東京泰文社 1943

翻訳[編集]

  • 風にのってきたメアリー・ポピンズ パメラ・L・トラヴァース 岩波少年文庫 1954
  • 床下の小人たち メアリー・ノートン 岩波少年文庫 1956
  • 床下の小人たち・野に出た小人たち ノートン 岩波書店 1961 のち少年文庫
  • とびらをあけるメアリー・ポピンズ P.L.トラヴァース 岩波書店 1964 のち少年文庫
  • 公園のメアリー・ポピンズ P.L.トラヴァース 岩波書店 1965 のち少年文庫
  • 川をくだる小人たち メアリー・ノートン 岩波書店 1969 のち少年文庫
  • 空をとぶ小人たち メアリー・ノートン 岩波書店 1969 のち少年文庫
  • 帰ってきたメアリー・ポピンズ P.L.トラヴァース 1975 (岩波少年文庫)