メアリー・ノートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メアリー・ノートン
誕生 (1903-12-10) 1903年12月10日
ロンドン
死没 (1992-08-29) 1992年8月29日(88歳没)
デヴォン州ビデフォード
職業 作家
国籍 イギリスの旗 イギリス
ジャンル 児童文学
代表作 小人の冒険シリーズThe Borrowers)』
『魔法のベッドノブ 魔女になれる簡単な10のレッスン(邦題:魔法のベッド南の島へ)』
『かがり火とほうき(邦題:魔法のベッド過去の島へ)』
主な受賞歴 カーネギー賞(1952年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

メアリー・ノートンMary Norton1903年12月10日 - 1992年8月29日[1])は、イギリス児童文学作家。旧姓ピアソン。1952年カーネギー賞を受賞した『床下の小人たち』とそれを含めた一連の続編である『小人の冒険シリーズ』が代表作として知られる。

経歴[編集]

「ヒマラヤスギ荘」、メアリー・ノートンが1921年までここに住み、「床の下の小人たち」の舞台と伝えられる家

ノートンは物理学者の娘として生まれ、ベッドフォードシャー州レイトン・バザードのハイ・ストリートの突き当たりにあるジョージアン様式英語版の屋敷で育てられた。この家は現在はレートン・ミドル・ハイスクールの校舎の一部となっており、校内においては旧館と呼ばれるこの屋敷は、小人の冒険シリーズの舞台になったといわれている。ノートンは1927年にロバート・C・ノートンと結婚し、2男2女の4子をもうけた。2人目の夫はライオネル・ボンシーで、1970年に結婚した。家族が一時的にアメリカに引っ越す前の1940年には陸軍省に務めていた。

ノートンが小説を書き始めたのは、第二次世界大戦中、ニューヨークにある英国購買委員会英語版に務めていたときである。 はじめて出版された作品は『魔法のベッドノブ 魔女になれる簡単な10のレッスン(邦題:魔法のベッド南の島へ)』、1943年)で、これは続編『かがり火とほうき(邦題:魔法のベッド過去の島へ)』とともにディズニー映画『ベッドかざりとほうき』の原作となった。

1992年デヴォンにて脳卒中で亡くなった。

映像化作品[編集]

小人の冒険シリーズ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Mary Norton." St. James Guide to Children's Writers, 5th ed. St. James Press, 1999.

外部リンク[編集]