パメラ・トラバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1924年ごろ

パメラ・リンドン・トラバース(Pamela Lyndon Travers、1899年8月9日 - 1996年4月23日)、P・L・トラバース(P. L. Travers)は、イギリス児童文学作家女優。本名はヘレン・リンドン・ゴフ (Helen Lyndon Goff)。

略歴[編集]

父のトラヴァース・ロバート・ゴフはロンドン生まれで、アイルランド系の家系。オーストラリア合資銀行の銀行員で支店長まで務めたが、アルコール依存症で退職し、結核により若くして亡くなった。母のマーガレット・アグネス・ゴフ(旧姓モアヘッド)はオーストラリア生まれで、スコットランド系の家系だった。母の兄弟のボイド・ダンロップ・モアヘッドはオーストラリアのクイーンズランド州首相だった。

オーストラリアクイーンズランド州メアリーバラ(Maryborough)生まれ。3姉妹の長女だった。アイルランド系だった父親に、不思議な話を聞かされて育つ。

トラバースは有名になった後、自分の幼少期を偽っており、「父はサトウキビ農園の農園主で、私は農園で幼児期をすごした」「父はアイルランド生まれだった」と説明し、また自身の生年についても1906年生まれとしていた[1]。父親は銀行員になる以前に「サトウキビ農園の監督」だったことはある[1]

ヘレンが7歳の時に銀行員だった父親が病死する。その後、母親は悲嘆のあまり、川に飛び込んで自殺しようとした。のちに一家は、母の育ての親である大叔母(母の叔母)のヘレン・ムアヘッドの家に引き取られる。家庭の事情もあり、大学には進まずハイスクール卒業後にタイピストになる。そのかたわら舞台女優をめざし、1920年に舞台女優デビューする(その際につけた芸名が、パメラ・トラバース)。

1924年、25歳の時にイギリスへ移住した後は創作活動に転向し、詩人としてデビューを果たした。アイルランドの詩人、ジャーナリストのジョージ・ウィリアム・ラッセルとの交流がはじまる。

その後は、児童向けに数多くの小説や詩を発表した。彼女の最もよく知られた本は、不思議なできごとを起こすナニー(子守兼家庭教師)のメアリー・ポピンズについての物語である。

同名のタイトルによるディズニーの映画化作品(1964年)については、彼女は不満を表明した。彼女はシャーマン兄弟の音楽はうまくマッチしていないといい、また設定の全体が甘い話になりすぎていると考えていた。同映画の製作裏話については2013年に『ウォルト・ディズニーの約束』として映画化されており、トラバースをエマ・トンプソンが演じている。

1977年、その文学的な業績により、大英帝国勲章(OBE)を授与された。

著作リスト[編集]

メアリー・ポピンズ[編集]

  • Mary Poppins(1934年)「風にのってきたメアリー・ポピンズ」
  • Mary Poppins Comes Back(1935年)「帰ってきたメアリーポピンズ」
  • Mary Poppins Opens the Door(1943年)「とびらをあけるメアリー・ポピンズ」
  • Mary Poppins in the Park(1952年) 「公園のメアリー・ポピンズ」
  • Gingerbread Shop(1952年)
  • Mr. Wigg's Birthday Party(1952年)
  • The Magic Compass(1953年)
  • Mary Poppins From A-Z(1962年)「メアリー・ポピンズ AからZ」
  • Mary Poppins in the Kitchen(1975年)「メアリー・ポピンズのお料理教室」
  • Mary Poppins in Cherry Tree Lane(1982年)「さくら通りのメアリー・ポピンズ」
  • Mary Poppins and the House Next Door(1988年)「メアリー・ポピンズとお隣さん」

作品集[編集]

  • Stories from Mary Poppin(1952年)
  • Mary Poppins in Cherry Tree Lane / Mary Poppins and the House Next Door(1999年)
  • Mary Poppins Omnibooks(1999年)

その他の小説[編集]

  • I Go By Sea, I Go By Land(1941年)
  • Fox at the Manger(1962年)
  • Friend Monkey(1971年)
  • Two Pairs of Shoes(1976年)

ノンフィクション[編集]

  • Moscow Excursion(1934年)
  • George Ivanovitch Gurdjieff(1973年)
  • About the Sleeping Beauty(1975年)
  • What the Bee Knows: Reflections on Myth, Symbol and Story(1989年)

参考文献[編集]

  • A Lively Oracle: a Centennial Celebration of P. L. Travers, Creator of Mary Poppins. Ellen Dooling Draper and Jenny Koralek, editors. (New York: Larson Publications, 1999).

脚注[編集]

  1. ^ a b 森恵子『P.L.トラヴァース』(KTC中央出版)P.6.

外部リンク[編集]