林倬史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 倬史(はやし たかぶみ、1944年10月23日 - ) は、日本経営学者立教大学名誉教授。

略歴[編集]

北京生まれ[1]青森県八戸市出身。

1968年慶應義塾大学商学部卒業。1970年同大学院商学研究科修士課程修了、1974年同博士課程単位取得満期退学。1991年「多国籍企業と知的所有権 特許と技術支配の経済学」で立教大学経済学博士

1982年福岡大学商学部専任講師、1985年助教授。1990年立教大経済学部経営学科助教授、1992年教授、2006年経営学部教授、2010年名誉教授[2]。同年国士舘大学政経学部教授、2011年経営学部教授。2015年客員教授。

著書[編集]

  • 『多国籍企業と知的所有権 特許と技術支配の経済学』(森山書店, 1989年)
  • 『新興国市場の特質と新たなBOP戦略 開発経営学を目指して』(文眞堂, 2016年)

共編著[編集]

  • 『アセアン諸国の工業化と外国企業』(小林英夫共編著 中央経済社, 1993年)
  • 『技術革新と現代世界経済 技術開発・移転システムの国際比較』(菰田文男共編著, ミネルヴァ書房, 1993年)
  • 『アジアの技術発展と技術移転』(陳炳富共編著, 文真堂, 1995年)
  • 『技術パラダイムの経済学』(菰田文男,西山賢一共著, 多賀出版, 1997年)
  • 『競争と協調の技術戦略 21世紀のIT戦略』(野口祐,夏目啓二共編著, ミネルヴァ書房, 叢書現代経営学, 1999年)
  • 『IT時代の国際経営 理論と戦略』(編著, 中央経済社, 2000年)
  • 『イノベーションと異文化マネジメント 新たなコンセプトを創り出す経営戦略』(監修, 林ゼミナール著, 唯学書房, 2006年)
  • 『経営戦略と競争優位』(關智一,坂本義和共編著, 立教大学ビジネスデザイン研究科著, 税務経理協会, 2006年)
  • 『移動するアジア 経済・開発・文化・ジェンダー』(佐久間孝正,郭洋春共編著, 明石書店, 平和・コミュニティ叢書, 2007年)
  • 『ユビキタス時代の産業と企業』(井上照幸,渡邊明共編著, 野口宏,貫隆夫,秋野晶二,長井偉訓,須藤春夫,加藤英一著, 税務経理協会, 2007年)
  • 『多国籍企業とグローバルビジネス』(古井仁共編, 税務経理協会, 2012年)

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『新興国市場の特質と新たなBOP戦略 開発経営学を目指して』(文眞堂, 2016年)
  2. ^ 林 倬史 - 立教大学 研究者詳細

外部リンク[編集]