松浦幸雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松浦 幸雄(まつうら ゆきお、1930年1月27日 - )は、日本政治家、実業家。1987年から2011年まで群馬県高崎市長を6期に渡って務めた。

経歴[編集]

群馬県高崎市生まれ。早稲田大学専門部土木工学科(現早稲田大学創造理工学部社会環境工学科)を卒業。1987年、高崎市長選挙に保守系無所属として出馬し、初当選。以後5期連続当選を果たす。

2003年、全国市長会副会長に就任。2007年の統一地方選挙では自由民主党公明党の他、社会民主党の推薦を受けて6選を果たした。

2011年の統一地方選挙でも、出馬すれば最有力の候補と見られていたが、2010年12月1日、翌年の市長選で7選出馬をせず、6期24年間で高崎市長を退任する意向を表明した[1]

人物[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]