松村喜秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松村 喜秀(まつむら よしひで、1949年 - )は、松村テクノロジー代表取締役社長島根県生まれ。

経歴[編集]

父の仕事の関係で世界各地を転々とする。

卒業後、電機メーカーに就職するものの、独立のため退職、フリーの設計士となる。1983年に松村エンジニアリングを設立する。

人物[編集]

キリスト教徒であり、アメリカ空軍基地教会で長老(エルダー)を務めている。

コラム[編集]

2007年より、日経BPSAFETY JAPANにおいてコラム連載を行っている。当初は自らを「中小企業の“オヤジ”」を評して金融犯罪や偽札問題などに関する主張を行っていたが、自身に関連するものとしてtaspo宗教(自身はキリスト教徒である)、さらにはディスコメイド喫茶秋葉原通り魔事件など、ジャンルを問わない主張の場として連載を続けている。主張の例は以下の通り。

著書[編集]

  • 松村喜秀, 『ビッグバンで偽ドルがやってくる』, 旬報社, 1998年
  • 松村喜秀・中尾祐賜, 『偽造鑑定人マル秘調査ファイル』, 講談社, 2000年
  • 松村喜秀, 『スキミング―知らないうちに預金が抜き盗られる』, 扶桑社新書, 2007年
  • 松村喜秀, 『アナタの財布も危ない!ニセ札の恐怖』, 扶桑社新書, 2007年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]