松村克己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松村 克己(まつむら かつみ、1908年4月1日 - 1991年2月18日[1])は、日本の神学者関西学院大学名誉教授。キリスト教学。

生涯[編集]

東京生まれ。第三高等学校を経て、1933年京都帝国大学哲学科卒業。1937年京大講師、1942年助教授。1946年占領軍により休職を命じられ辞職。のち関西学院大学神学部教授。1974年「根源的論理の探求 アナロギア・イマギニスの提唱」で関西学院大神学博士。1976年定年退任。

著書[編集]

共編[編集]

翻訳[編集]

  • 魂への愛と慰め ボヴェー著作集 9 ヨルダン社 1973
  • 真実なる結婚 ボヴェー著作集 2 ヨルダン社 1975
  • 世にあるキリスト者 ボヴェー著作集 8 ヨルダン社 1978.11

脚注[編集]

  1. ^ 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.558

参考[編集]

  • 松村克己教授略年譜・研究業績一覧表「神学研究」1976-02