中川秀恭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中川 秀恭(なかがわ ひでやす、1908年(明治41年)1月1日 - 2009年(平成21年)4月26日)は、日本哲学者文学博士Ph.D.イェール大学)。日本各地の大学学長理事長を歴任した。

来歴[編集]

学歴[編集]

島根県西郷町に生まれる。立教大学哲学科卒。1938年(昭和13年)東北帝国大学(現 東北大学法文学部哲学科卒。エール大学大学院修了。

日本キリスト教協議会(NCC)の『キリスト教大事典』のルドルフ・ブルトマン非神話化を執筆し、これに肯定的な評価を与えている。

職歴[編集]

東北帝国大学法文学部助手

1986年から2000年まで、大妻女子大学大妻女子大学短期大学部学長。2003年まで学校法人大妻学院理事長。2009年に逝去。

エピソード[編集]

商船水産学校卒業後、三等航海士として日本・リバプール間を行き来するが、牧師になろうとして大学に入ったという。

主著[編集]

単著[編集]

  • 『ハイデッガー研究』(小山書店、1943年)
  • 『ヘブル書研究』(創文社、1957年)
  • 『祈りと沈黙 : キリスト教論集』(創文社、1988年)
  • 『航海いまだ途上にあり : 行く手遥か』(文藝春秋、2005年)

共編[編集]

訳書[編集]

など

参考文献[編集]

先代:
城戸幡太郎
北海道教育大学学長
第5代: 1967年 - 1971年
次代:
舩山謙次
先代:
篠遠喜人
国際基督教大学学長
第7代: 1975年 - 1983年
次代:
篠遠喜人