松本新八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 新八郎(まつもと しんぱちろう、1913年11月24日[1] - 2005年12月10日[1])は、日本の歴史学者専修大学教授。

来歴[編集]

愛媛県生まれ[1]1934年松山高等学校を卒業[2]し、東京帝国大学文学部国史学科に入学。同期入学に、家永三郎石母田正らがいる[3]1937年東京帝国大学卒業[1][4]。同年から1945年まで東京帝国大学史料編纂所勤務[5]。1945年から1948年まで松山経済専門学校(現・松山大学)教授[5]。その後、日本評論社勤務、東京都立大学 (1949-2011)講師、文化学院講師など[5]を経て、1966年から1984年まで専修大学教授[5]

マルクス主義歴史学の立場から日本の封建制を研究、南北朝の争乱が封建革命であると主張した。

著書[編集]

共編著[編集]

著作目録[編集]

参考文献[編集]

  • 日本人名大辞典
  • 松本新八郎、矢沢康祐「松本新八郎教授年譜」『専修史学』第16号、専修大学歴史学会、1984年、 176-187頁、 NAID 40002209215
  • 佐藤和彦「松本新八郎先生を偲ぶ」『歴史評論』第675号、校倉書房、2006年、 106-107頁。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 佐藤和彦 2006
  2. ^ 『松山高等学校一覧 昭和9年度(第16学年度)』松山高等学校、1935年、117頁。NDLJP:1449105/64 
  3. ^ 『官報』第2214号、昭和9年5月22日、p.589. NDLJP:2958689/11
  4. ^ 『官報』第3099号、昭和12年5月6日、p.142
  5. ^ a b c d 松本新八郎 & 矢沢康祐 1984