松本市女性社員殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本市女性社員殺害事件(まつもとしじょせいしゃいんさつがいじけん)とは1994年3月に発生した強盗殺人事件(未解決事件)。

概要[編集]

1994年3月9日午前9時40分頃、長野県松本市パチンコ景品納入会社の女性社員(当時47歳)がワゴン車でパチンコ店に向かう途中で対向車の男に止められた所を襲われ、小切手6枚(額面計約3000万円)と現金40万円入りのショルダーバッグを奪われた上、刃物で切られて殺害された[1]

長野県警察は目撃情報から犯人は白い乗用車に乗った20~40歳の男とみて捜査を行い、時効直前までで延べ約1万人の捜査員を投入したが[1]容疑者を特定できないまま、2009年3月9日公訴時効が成立した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 朝日新聞 2009年3月8日 朝刊 長野東北信・1地方 「松本の強盗殺人、あす午前0時に時効 /長野県」
  2. ^ 読売新聞 2009年3月9日 東京朝刊 2社 38頁 「長野・松本の女性強殺 時効成立」

関連項目[編集]