松平頼煕 (高松藩嫡子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼煕(まつだいら よりひろ、文政9年11月13日1826年12月11日) - 弘化3年7月5日1846年8月26日))は、讃岐高松藩の世嗣。第9代藩主・松平頼恕の長男。母は第8代藩主・松平頼儀の娘。正室は有馬頼徳の娘。官位は従四位下、侍従、右京大夫。

父の跡を継いで10代藩主となった松平頼胤(頼儀の実子で、頼煕の母方のおじにあたる)の養子となる。天保13年(1842年)、将軍徳川家慶御目見し叙任するが、家督相続前の弘化3年(1846年)7月5日(もしくは19日)に21歳で早世した。代わって異母弟の頼聰が嫡子となり、家督を継いだ。