松平胖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松平 胖
生誕 1879年12月12日
東京府本郷区
死没 (1945-12-10) 1945年12月10日(満65歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
最終階級 海軍大佐
テンプレートを表示

松平 胖(まつだいら ゆたか、1879年明治12年)12月12日 - 1945年昭和20年)12月10日[1])は、日本海軍軍人。最終階級は海軍大佐正五位勳三等功五級[2]

経歴[編集]

讃岐高松藩第11代藩主(後に伯爵)松平頼聰の十男。生母は彦根藩主で大老井伊直弼の娘千代子。貴族院議長、伯爵松平頼寿は同母兄。妻は肥前佐賀藩鍋島直大の娘俊子。長男頼明は子供のなかった兄頼寿の養子となり、伯爵位を継いだ。長女誠子(佳子)は伯爵廣橋眞光の養妹となり、李王家の一族である李鍵公妃となった。

海軍兵学校30期を卒業し、1902年(明治35年)少尉任官。日本海海戦に第一駆逐隊所属の「春雨」乗組みとして参戦[3]し、第一次世界大戦にも出征した[4]。予備役後の1926年(大正15年)から少年審判所に勤務し、また鉱業会社の役員を務める[4]

親族[4][5]

出典[編集]

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』
  2. ^ 『日本海軍士官総覧』113頁
  3. ^ 『戦袍余薫懐旧録』
  4. ^ a b c 『大衆人事録 東京篇』「松平胖」
  5. ^ 『大衆人事録 東京篇』「李鍵公」
  6. ^ 『松平頼明伝』(松平公益会)

参考文献[編集]

  • 『大衆人事録 東京篇』(第13版、1939年)
  • 『海軍兵学校沿革』(原書房)
  • 戸高一成『日本海軍士官総覧』(柏書房)
  • 有終会編『戦袍余薫懐旧録』第2輯

外部リンク[編集]