松平綱国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平綱国
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文2年(1662年
死没 享保20年3月5日1735年3月28日
改名 永見万徳丸(幼名)→松平綱国
別名 通称:永見市正
号:更山
戒名 更山院殿前拾遺馨譽鐵心大居士
官位 従四位上侍従三河守
幕府 江戸幕府
越後高田藩世嗣
氏族 永見氏越前松平家
父母 父:永見長頼
養父:松平光長
安藤国近
養子:円明院(池田政純室)
テンプレートを表示

松平 綱国(まつだいら つなくに)は、江戸時代前期の越後国高田藩の世嗣。官位従四位上侍従三河守

生涯[編集]

永見長頼松平忠直の次男)の長男として誕生。幼名は万徳丸。延宝2年(1674年)、伯父である高田藩主松平光長の世嗣綱賢が男子なく死去した。光長には他に男子がなかったため急ぎ世嗣を定めねばならなくなった。世嗣の候補は長頼の遺児万徳丸と光長の異母弟永見長良(永見大蔵)、そして首席家老小栗正矩(小栗美作)の次男長治(大六)[1]尾張藩徳川光友の次男松平義行[2]などであった。重臣たちによる協議の結果、万徳丸が光長の世嗣となる。4代将軍徳川家綱より偏諱を授けられ、松平三河守綱国を名乗る。

しかし越後騒動で養父・光長が処罰され、高田藩が改易になると、世嗣であった綱国は備後国福山藩にお預けとなった。やがて赦免されたが、綱国は光長と不和になっており、元禄6年(1693年)に病を理由に廃嫡され、代わって白河藩松平直矩の三男矩栄(宣富)が迎えられ世嗣となった。

廃嫡後は松平家の転封に併せて美作国津山に移り、宮川御殿と呼ばれた屋敷に住んだが、病を理由に津山藩の要職には就かなかった。宝永5年(1708年)には出家して更山と号し、享保20年(1735年)に74歳で死去した。

子孫は永見姓に改め、以後津山藩家老の家系として存続し、明治3年(1870年)に松平氏へ復した。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 母は光長の異母妹勘子。
  2. ^ 母は3代将軍徳川家光の娘霊仙院

参考文献[編集]

関連タグ[編集]