松平正世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 正世(まつだいら まさよ、天正15年(1587年) - 寛永5年8月12日1628年9月9日))は、福井藩家老。高知席松平主馬家初代当主。

兄は松平清直。子は松平正詮松平清直養女。通称靫負、庄兵衛、備前。

天正15年(1587年)長沢松平家の一族松平近清の子として生まれる。長沢松平宗家を継いだ松平忠輝に兄と共に仕えた。しかし元和2年(1616年)、忠輝の改易によって正世たち家臣は離散した。

後に兄は交代寄合として旗本に取り立てられたが、正世も松代藩主だった松平忠昌に1500石で召抱えられた。元和4年(1618年)1500石を加増され庄兵衛と名乗る。元和6年(1620年)越後高田にて1000石を加増。寛永2年(1625年)越前で2000石を加増され禄高6000石。家老となり名を備前と改める。寛永5年(1628年)8月12日療養先の有馬温泉で死去。享年42。

子孫は、本家が代々藩の家老を輩出する高知席として正詮、正恒正村(正勝)、正恒(再襲)、正明(正般)、正惟正郷正義正方正一と続き明治維新を迎えた。分家の子孫に男爵松平正直がいる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『越藩史略』