松平正詮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 正詮(まつだいら まさあき、寛永4年(1627年)- 元禄9年(1696年)) は、福井藩重臣。高知席松平主馬家2代当主。

子に松平千勝松平正恒松平源四郎。通称主馬。

寛永4年(1627年)、福井藩家老松平正世の子として越前に生まれる。寛永5年(1628年)父の死去により家督と知行6000石を相続する。延宝2年(1674年)藩主松平昌親の家督相続の御礼言上の際に、将軍徳川家綱に拝謁する。貞享3年(1686年)藩主松平綱昌蟄居および隠居処分となり、福井藩がそれまでのおよそ半分である25万石に減封されたため、家臣団の知行もおよそ一律に半減された。松平主馬家もその知行は3000石に半減となった。元禄9年(1696年)没。享年70。長男千勝は幕府に対する証人(人質)の一人として江戸に下向し、12歳で没した。家督は次男の正恒が継ぎ家老となった。

参考文献[編集]

  • 「越藩史略」