松山市立番町小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松山市立番町小学校(まつやましりつばんちょうしょうがっこう)は、愛媛県松山市にある小学校

市庁舎裏に立地し、銀天街大街道を含む松山市の中心市域が学区内である。このため、高度経済成長期にはドーナツ化現象の影響を受け、児童数を減らした。

所在地[編集]

愛媛県松山市二番町4丁目6-1

沿革[編集]

  • 1887年明治20年)4月 - 巽学校・智環学校・勝山学校を併せて温泉郡外側尋常小学校として創立。
  • 1890年(明治23年)4月 - 松山市外側尋常小学校に改称。
  • 1894年(明治27年)12月 - 松山第一尋常小学校に改称。
  • 1900年(明治33年)3月 - 榎町(現市庁舎敷地)に校舎移転。
  • 1929年昭和4年)4月 - 松山市番町尋常小学校に改称。
  • 1929年(昭和4年)8月 - 現在地に校舎移転。
  • 1941年(昭和16年)4月 - 松山市番町国民学校に改称。
  • 1947年(昭和22年)4月 - 松山市立番町小学校に改称。
  • 1957年(昭和32年)10月 - 創立70周年記念行事実施、校歌制定。
  • 1966年(昭和41年)10月 - 創立80周年記念行事実施。
  • 1981年(昭和56年)3月 - 北校舎、体育館を新築。
  • 1986年(昭和61年)11月 - 創立100周年記念行事実施、「旅たちの像」除幕。
  • 1997年平成9年)9月 - 創立110周年記念行事実施。

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]