東金九十九里有料道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
千葉県道75号標識

東金九十九里有料道路(とうがねくじゅうくりゆうりょうどうろ)は、千葉県東金市から山武郡九十九里町へ至る千葉県道75号東金豊海線バイパスとして建設された千葉県道路公社管理の一般有料道路である。ETCは利用できない。

概要[編集]

  • 起点 千葉県東金市台方
  • 終点 千葉県山武郡九十九里町真亀
  • 全長 10.0km[1]
  • 車線数 2車線
  • 車線幅員 3.25m
  • 設計速度 60km/h
  • 事業費 約70億円
  • 償還完了予定 2028年3月19日

沿革[編集]

インターチェンジなど[編集]

通行料金[編集]

2014年4月1日改正)

出典[編集]

  1. ^ a b 県土整備部道路計画課 (2015年10月6日). “千葉県道路公社有料道路の夏期無料開放キャンペーンの交通量について”. 千葉県ホームページ. 千葉県. 2016年1月13日閲覧。
  2. ^ “渋滞緩和、振興に期待 東金九十九里有料道路が開通 県都1時間構想”. 千葉日報 (千葉日報社): p. [要ページ番号]. (1998年3月21日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]