東部ナイル州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Eastern Nile State
東部ナイル州
 南スーダンの旗 南スーダン
2015年 - 2017年
Eastern Nile Stateの位置
首都 マラカル[1]
歴史
 - 設置 2015年10月
 - 廃止 2017年1月14日
人口
 - 2014年 746,710 

東部ナイル州(とうぶナイルしゅう、英語: Eastern Nile State)は、南スーダン北東部の上ナイル地方北東部に存在していた州。2014年の人口は746,710人。州都はマラカル。州知事はチョル・ソン・バルーク英語版が務めていた。

2015年の州再編で設置されたが、2017年に解体され中央上ナイル州北部上ナイル州に分割されることとなった[2]

隣接州[編集]

行政区画[編集]

11の郡から成っていた[3][4]

  • アコカ郡
  • アター郡
  • コー・フルス郡
  • コマ郡
  • 東ソバトゥ郡
  • 西ソバトゥ郡
  • 南東マバン郡
  • 北西マバン郡
  • マラカル郡
  • メルトゥ郡
  • レンク郡

脚注[編集]

  1. ^ SHILLUK FIGHT FOR DINKA TAKE-OVER OF MALAKAL: S. SUDAN LEGISLATORS WARN OF WAR OVER LAND DISPUTES IN UPPER NILE STATE”. Africans Press (2016年2月10日). 2016年8月14日閲覧。
  2. ^ South Sudanese President creates four more states”. sudantribune.com (2017年1月16日). 2017年12月21日閲覧。
  3. ^ Full list of Kiir's proposed new 28 states in S Sudan”. Radio Tamazuj (2015年10月3日). 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月14日閲覧。
  4. ^ East Nile governor create three counties, removes Pigi County Commissioner”. Radio Tamazuj (2016年4月25日). 2016年8月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月14日閲覧。