ジョングレイ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョングレイ

Jonglei
جونقلي

Junqali
South Sudan Lucy digger.jpg
ジョングレイの旗
ジョングレイ州の位置(2015年 - 2020年)
ジョングレイ州の位置(2015年 - 2020年)
ジョングレイ州の位置(2015年以前)
ジョングレイ州の位置(2015年以前)
北緯7度24分 東経32度4分 / 北緯7.400度 東経32.067度 / 7.400; 32.067座標: 北緯7度24分 東経32度4分 / 北緯7.400度 東経32.067度 / 7.400; 32.067
南スーダンの旗 南スーダン
地方 上ナイル地方
設置 1994年2月14日
再編 2015年10月2日
2020年2月15日
州都 ボル
面積
 • 合計 80,926.78km2
人口
(2008年国勢調査)
 • 合計 1,143,926人
 • 推計
(2020年)
1,738,364‬人
等時帯 UTC+3 (EAT)

ジョングレイ州(ジョングレイしゅう、英語: Jonglei)は、南スーダン共和国の州である。州都はボル

南スーダンの州では唯一、独立後一度も消滅をしていない。スーダン共和国時代の1994年2月14日に設置され[1]、当時は11郡を擁し南スーダンでは最大の面積を持つ州であった。南スーダン独立後の2015年に州域は3郡へ縮小するも[2]、2020年に2郡を除く9郡が復帰した[3]

2015年以前の面積は122,580.83km2、人口は1,358,602人(2008年国勢調査)。2015年から2020年までの面積は約2.6万km2、521,750人(2014年推定)。2020年以降は80,926.78km2、1,738,364人(2020年推定)。‬

歴史[編集]

ディンカ虐殺[編集]

1991年11月15日、スーダン(現南スーダン)南部のジョングレイ州ボルで、ヌエル族リエック・マチャルによるディンカ虐殺英語版が起こった[4]

独立[編集]

2011年7月9日、ジョングレイ州はスーダンから独立した南スーダン共和国の州のひとつとなった。

民族対立[編集]

2011年末から2012年1月にかけて、ピボール郡に居住するロウ・ヌエル族とムルレ族英語版が対立。ジョングレイ州では、かつてより家畜であるウシをめぐってディンカ族ヌエル族、ムルレ族などの牧畜民が対立してきた。第一次・第二次スーダン内戦以降、銃の普及や国家、国際機関の介入により、これらの戦いの様式は変化を遂げている。2011年のロウ・ヌエル族のムルレ族に対する攻撃では死者3,000人超、数万人が避難する大規模な衝突となったとされている[5]

2014年に結ばれたムルレ族の武装組織と南スーダン政府の和平協定により、ピボール郡とポチャッラ郡を範囲とする大ピボール行政区(GPAA)が設置された[6]

2013年クーデター未遂事件[編集]

2013年12月14日に、首都ジュバで発生したクーデター未遂事件が州内各地に飛び火[7]。同月18日には州都ボルにてヌエル族の部隊と政府軍との間で銃撃戦が発生したほか[8]、19日にはアコボ郡に駐留していた国際連合南スーダン派遣団インド軍部隊がヌエル族の襲撃を受けインド兵3人が死亡した[9]。武力衝突を通じ、ディンカ族の兵士がヌエル族の住民を、ヌエル族の兵士がディンカ族の住民を、それぞれ殺害するなどの抗争が生じた[10]

行政区分[編集]

ジョングレイ州には、2020年時点で9つの郡がある。斜体は2015年から2020年まで所属していた州。

  1. トゥイック・イースト郡英語版 - ジョングレイ州に残留
  2. デュック郡英語版 - 残留
  3. ボル郡英語版 - 残留
  4. アコボ郡英語版 - 東部ビエー州アコボ州
  5. 二ロール郡英語版 - 東部ビエー州ビエー州
  6. ウロール郡英語版 - 東部ビエー州ビエー州
  7. アユド郡英語版 - 西部ビエー州ファンガク州
  8. ピジー郡英語版 - 東部ナイル州中央上ナイル州
  9. ファンガック郡英語版 - 西部ビエー州ファンガク州

以下の2郡はかつて所属していた郡である。2014年に州内自治区である大ピボール行政区へ異動したあと、2015年からボーマ州へ所属。2020年に同州はピボール行政区へ改編され、2郡の所属も据え置きとなった。

主要都市[編集]

産業[編集]

ボルには発電所があり、町に電力を供給している。

交通[編集]

空路[編集]

国連の管理の下飛行場も存在し、ジュバ-ボル間を行き来する。

陸路[編集]

州都はボルであり、ジュバから車で3時間~4時間の位置にある。 雨季中にはアクセスが極端に悪くなり、6月から11月の期間は悪路により陸路での移動は厳しくなる。

住民[編集]

ジョングレイ州の住民

民族[編集]

ディンカ族ヌエル族ムルレ族英語版

言語[編集]

ヌエル語は、ナイル諸語ディンカ語とともに、ナイル・サハラ語族に属す。 ムルレ語英語版は、東スーダン語派英語版スルム諸語英語版に属す。

宗教[編集]

キリスト教クウォスイタリア語版

その他[編集]

大小数多くのNGOや国連機関が活動しているが、現在[いつ?]のところ日本のNGOとしてはピースウィンズジャパン[1]とケアインターナショナルジャパンがジョングレイ州で活動中である。[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ States of Sudan”. Statoids.com (2015年11月28日). 2020年3月8日閲覧。
  2. ^ Full list of Kiir's proposed new 28 states in S Sudan”. radio tamazuj (2015年10月3日). 2016年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  3. ^ Breaktrhough:South Sudan government resolves return to 10 States”. chimpreports.com (2020年2月15日). 2020年3月8日閲覧。
  4. ^ Clammer, Paul (2005). Sudan: Bradt Travel Guide. Bradt Travel Guides. http://books.google.com/books?id=lvVao2vWnxUC&pg=PA229#v=onepage&q&f=false 2011年3月22日閲覧。 
  5. ^ 南スーダン、民族衝突の死者3000人を超える。独立後で最悪の衝突に(AFP.BB.NEWS 2012年1月6日)2012年1月7日閲覧
  6. ^ Real but Fragile: The Greater Pibor Administrative Area”. Institute for Security Studies (2015年3月26日). 2020年3月6日閲覧。
  7. ^ 布施祐仁・三浦英之『日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか』集英社、2018年、26頁。ISBN 978-4-08-781652-5
  8. ^ “南スーダン、戦闘やまず―首都では450人死亡”. ウォールストリートジャーナル (ウォールストリートジャーナル). (2013年12月19日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304273404579266991150305258.html 2013年12月19日閲覧。 
  9. ^ “南スーダンで国連基地襲撃、PKOインド兵3人死亡”. AFPBBNews (フランス通信社). (2013年12月20日). http://www.afpbb.com/articles/-/3005392 2013年12月20日閲覧。 
  10. ^ “南スーダン、戦闘やまず―首都では450人死亡”. ウォールストリートジャーナル (ウォールストリートジャーナル). (2013年12月19日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304273404579266991150305258.html 2013年12月19日閲覧。 
  11. ^ ピースウィンズ南スーダン事業