青ナイル州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青ナイル州の位置

青ナイル州アラビア語: النيل الأزرق‎、an-Nīl al-ʾAzraq)は、スーダン。面積は45,844km2[1]、2006年当時の人口は832,112人[2]。州都はダマジン。州名は青ナイル川上流に位置することに由来する[1]

州内には40に及ぶ民族が住むといわれ、それらの民族は主に農業、家畜の飼育で生計を立てている[1]

1966年にダマズィーンに建設されたロセイレスダムは、メロウェダムが完成するまでスーダン最大のダムとして機能していた[1]。2011年9月から青ナイル州、南コルドファーン州でスーダン政府軍と武装勢力の衝突が発生している。紛争に伴う爆撃によって州内の施設が破壊され、国内外に10万人以上の避難者が現れた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 加藤「青ナイル州」『世界地名大事典』3、8頁
  2. ^ 5th Sudan Population and Housing Census – 2008(2014年7月閲覧)
  3. ^ スーダン:青ナイル州の民間人たちが語る 恐怖の襲撃と虐待」(2014年7月)

参考文献[編集]

  • 加藤博「青ナイル州」『世界地名大事典』3収録(朝倉書店, 2012年11月)