東谷護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東谷 護(とうや まもる、1965年 - )は、日本音楽社会学者教育学者成城大学文芸学部教授[1]神奈川県出身。

学歴[編集]

  • 1984年 神奈川県立横浜平沼高等学校卒業
  • 1994年 早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了
  • 2001年 京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了
  • 2005年 「新たなるポピュラー音楽文化の創出 : 占領期日本の進駐軍クラブにおける「アメリカ」との対峙」で、京都大学博士(人間・環境学)[2][3]

現職・専門[編集]

成城大学文芸学部教授、ソウル大学校社会科学大学言論情報学科客員教授。専門は戦後日本文化におけるアメリカナイゼーション、近現代日本の音楽表現史の構築、高等教育における初年次教育の教材・カリキュラム開発と教養教育再考。

おもな著書[編集]

単著[編集]

  • 進駐軍クラブから歌謡曲へ-戦後日本ポピュラー音楽の黎明期、みすず書房、2005年
  • 大学での学び方-「思考」のレッスン、勁草書房、2007年
  • マス・メディア時代のポピュラー音楽を読み解く:流行現象からの脱却、勁草書房、2016年

編著[編集]

  • ポピュラー音楽へのまなざし-売る・読む・楽しむ、勁草書房、2003年
  • 拡散する音楽文化をどうとらえるか、勁草書房(双書音楽文化の現在)、2008年
  • ポピュラー音楽から問う:日本文化再考、せりか書房、2014年

共著[編集]

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]