東京あんみつ娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

東京あんみつ娘(とうきょうあんみつとりお)は、女性3人組ボーイズグループ。

概要・芸風[編集]

東宝芸能学校の同級生だった2人の片野えくぼと毬本にきびが初代柳ほくろを誘って1960年6月にトリオ結成。初代柳ほくろは6代目春風亭柳橋門下で春風亭笑橋を名乗る落語家であった、のちに柳亭小痴楽(のちの春風亭梅橋)と結婚し家庭に入った。二代目柳ほくろは中学卒業したのちに船橋ヘルスセンター少女音楽隊で音楽を学ぶ。また近所にシャンバローの柳四郎が住んでいた関係で弟子入りし三味線、長唄を稽古を受けた。1961年5月に二代目柳ほくろが加入し再結成された。

メンバー[編集]

  • 片野えくぼ(かたの えくぼ、1940年 - 、本名:城坂加代子)
  • 毬本にきび(まりもと にきび、1940年 - 、本名:志賀静子)
  • 初代柳ほくろ
  • 二代目柳ほくろ(やなぎ ほくろ、1943年 - 、本名:浅見とし子)

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 山下武「大正テレビ寄席の芸人たち」(東京堂出版、2001年)